« 都会の紅葉 第2弾 | トップページ | ファミリーコンサートへ♪ »

2007年11月24日 (土)

一昨日・昨日はこれで

  071122008071122011一昨日のお稽古&忘年会①はこれ

着物は...これは小紋と呼ぶべきなのでしょうか?緑の濃淡二色に染め分けられた縞?色無地の仲間には入らないでしょうね?

これを仕立ててもらった池○屋は今月で店をたたむ...この2色の縞(?)をどのように配置するか店主と悩んだのがついこの間のよう。

帯は同系色のものを選んだが、この画像は本当に同じ色に見えてしまう...実際はもっと帯が目立ちます(多分)

.

羽織はこの間も使った絞り絵羽(軽くて温かく着易い)

071122013071122014仕立て方でこのように長羽織に出来るとは!

.

昭和30年代に大流行の絞り羽織は当時母も私も(←母が購入)何枚か持っていたが丈の短いのも流行で、今ではとても着られたものじゃなく池○屋に何かに使えるか相談したら「どうしようもない物だよ」と言うので全部フリーマーケット(いきいき)に出して500円くらいで売ってしまった。

今思えばもったいないことをしたがその頃は知識がなかった(無知は恐ろしい)

.

.071122001 

帯周りのこおでねえと

同じような色に見えるけど違うんですよぉ。

.071122005

.

.

.

.

.

.

昨日はこれ

着物はぜんまい紬 .071123002 071123001

←なんか別物のような画像なのはストロボを使ったのと使ってないのとで写りが違う...画像これしかないから。

.

半襟は白(系)が一番合う!と柄物を使わなくなった私だが、この着物に白い半襟では寂しい。

春の暖かい時季ならともかくこの季節に全体が白っぽいのはどうも...という事で茶色の刺繍半襟使用。

.

.

071121013 ぜんまいもお値段が張る御品だともっと織り込まれているみたいで、お安いこれは少ないようね。

濱○屋のウインドウにかかっていたのに一目惚れして購入し、八掛けの色が決まらずぜんまいと同じ茶(ココア色)に染めてもらって仕立てた。

表地が白っぽい生地の場合、八掛けの色は考えないといけない...表に黒っぽく写っちゃう!←学習しました

.071123005 071123008

.

←羽織はこれ

枯葉シーズン限定(でもないか...)と思い、これを着るためのこおでねえとです。

.

.

.

.

は先ほどの池○屋で誂えたちりめんの開き名古屋↓

.

.071121014_2 071121018 

30代初め、母にもらった大島に合わせて池○屋に選んでもらった(自費で購入!)が、今眺めてみると、30代でこれは地味だったのではないかと思う(これまた色が違う2枚だが、実際は左右の中間くらいの色)

|

« 都会の紅葉 第2弾 | トップページ | ファミリーコンサートへ♪ »

コメント

羽織がお似合いですね!
私も真似して着る様になりました。コートと違いコーディネイトしなければいけないので、難しいです。
クリスマス、正月、忘年会ご馳走シーズンですが、お互い気をつけましょうね!
我が家は今日から粗食生活にしようと決めました。
これ以上体重を増やさない!!が目標です。
健康に長生きの為に、好きな着物を1日でも多く着る為に

投稿: botanikaru | 2007年11月25日 (日) 14時10分

botanikaruさん

羽織が好きなんです。
数があるわけじゃないのであんまり考えずに羽織ってます。
「粗食生活」...これいいかも!
忘年会の前後は粗食にして乗り切ろう!
私の課題は「体重を増やさない」ではなく「減らす!」必要に迫られてます。
そして、まだ着てない着物を着る!(アホです)

投稿: キナコ | 2007年11月26日 (月) 11時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 都会の紅葉 第2弾 | トップページ | ファミリーコンサートへ♪ »