« お彼岸なので | トップページ | 秋の遠足 第2弾 »

2007年9月24日 (月)

秋の遠足♪

田舎の子の遠足は都会で~す♪だから私も都会へ(それにしても今日はよく歩いた!万歩計(※)を見ると実に11700歩!)

車椅子(カート付)ゴルフ&キャディさん付けるから玉探しなど無駄な動きをしない私のゴルフの倍歩いてるよぉ~~数字を見てどっと疲れがでた...。

070924011朝8時50分のバス→駅→超特急電車→10時過ぎ東京へ。

何も急ぐ必要のない私だが、これから行こうとしている催し物を昨日テレビで放送してたそうで(...我が家はテレビ無し生活19日目)、「一緒に行きたいよぉ」と仕事のあるT女史の話。

それを聞いたので早くしないと連休最終日でどこへも行けなかった人がどっと集まるかも?の予想の基に混雑を避けるために開店間もない時間に入場。

.

.

070924003 これに行きました。(ここ数年毎年のように行っているが目的をこれだけに絞って出かけたのは初めて)

毎度のことだが、この手の込んだ精緻な作品を作り上げるまでの過程とその技術を身につけるまでの過程を経た作り手の技と感性にただただ感心するのみ。

すばらしい作品を眺めているとそれだけでヘトヘトになり一巡すると会場も相当混雑してきたのでお茶♪→呉服売り場へ移動して見学(見るだけ)

そこでも柔らか物から織物まで眼福眼福・・・見ているだけで満腹に♪

良い物&もの凄い手のかかる工程を経た物でも、たかが衣服に(されど衣服に)100万も300万も!どんな人が買うんだろう?

070924009 私が「作品として眺めてるだけ、欲しいけど買えないの」と言っているのに他に客がいないせいか売り場のオジサンが親切に解説(講義?)してくれ、カウンターの上は単なる呉服ではなく工芸品&芸術品の反物が何本も広げられ、更に「是非見ていっていただきたいのがあるので待ってて下さい」と、お断りしたのにもかかわらず奥から何やら梱包した包みを持ってきて広げてくれたのは300万円を越す(←値段言わないで!(*_*;)宮古上布の細ーい巻物や12マルキの泥大島。

さすがに「お手は触れないで下さいね」と言って見せるだけ(←それでよいのだ)

「ところでこの売り場にある商品の合計金額ってどのくらい?」ととんでもないアホな質問をしたら「14億くらいになるとのことでしたね」と、さすが越後屋です!

070924013 目はくらくら頭フラフラのままランチへ...高い!どこも高い!フラフラ頭だったけど3000円5000円程度の金額で正気に戻り外で食べることにする(←エライ)

でもそんなに腹が空いてない事にも気づき(?)散歩がてらお江戸日本橋を眺めお茶...ついでにサンドウィッチ(ここまで来てそんなの食うなよ)

.070924028

まだ時計は2時前...      そうだあそこに行ってみよう!と帰りのルートを変更して いざ鎌倉へ♪

別に寺社仏閣に関心があるのではなく、先日の新聞に載っていたきり絵展が気になっていたのだ。

.070924017

目的の建物はすぐに見つかったが、肝心のきり絵展はどこ?ここは洋服屋じゃん...。店の奥に会場があるのかな?と見回しても無く、ふと棚を見るとあったー!でもこれだけ?これだけにあんな大きく取り上げたの?というものでした。

.070924022

.

でも作品は今までの多くのきり絵よりカラフルで立体的というか浮き出たように色画用紙を重ねてある→→→私も創作(模倣)意欲が湧いてきた!

.070924037_2

.

で、ここでもお茶をし、小腹を満たして帰ることにするが何の土産もないので駅の近くのある店で本日の記念(?)にこれを買っちゃった→

.070924032

.

.

帰りは海沿いをちょこっと走る小さな電車に乗り湘南の海を眺めながら帰るとする。

これにて本日の秋の遠足終了♪

.

※今、万歩計をつけてTORAの散歩して如何に自分が歩かずにTORAを走り回らせているかを確認中(?)...1000歩も歩いていない私を反省し、意識して歩いて現在5000歩が最高なのです。だから今日はよく歩いたよ~~~湿布貼って寝よう。

|

« お彼岸なので | トップページ | 秋の遠足 第2弾 »

コメント

お・つ・か・れ・さ・ま♪

伝統工芸展凄かったわね。
私は値札が気になって、覗いてばかりいました・・・
名前の横に黒丸印は売約済です。
三角の名札の奥に値段が書いてあるけれど、100万・150万・200万300万と切りの良い物が多かった。
何故??
非売品も多かったですね。

鎌倉まで足を伸ばすなんて、タフですね。

投稿: 中ざくら | 2007年9月24日 (月) 23時07分

「相変わらずアクティブですね。」

キナコさんも、そう言われることが多かろうと思いますが
最近はあなたのお子さんもそう言われる機会がどんと増えました。
今日の記事を読んで、この親にして・・・と思いました。
引き篭もりになる人がいる一方、
引き篭もりには絶対になれない人種もいるのでしょうねえ。

投稿: キナコの子 | 2007年9月24日 (月) 23時12分

>中ざくらさん
伝統の技を現代に!
賞をとった作品もとってない作品もその差が分かりません。
どれも素晴らしいね。
私も着物の値段は気になって色々ひっくり返して見ました。

>キナコの子さん
小学校2年のとき、40℃近くの発熱でフラフラしているのに
「休みたくない!学校へ行く」と泣いて学校に行きたがり
登校拒否でてこずっている親はいるけど
まさか欠席拒否でてこずらせられるとはね...。
栴檀は双葉より...というか、三つ子の魂...というか。

私はアクティブではありません!
金がないから我慢していますよ。

投稿: キナコ | 2007年9月24日 (月) 23時46分

伝統工芸展、素晴らしい!の1コトでしたね、
値段が付いていて,売約の印があるのは知りませんでした。
12マルキ見てきました。いつも目の保養させてくださいって
見せていただいていますが、触らせてくださいますよ
着物はきりがなくて、時々病気になって支払いに悩みます。
息子だけで、後着て
くれる人がいないのに..........。
元気なうちに着ないと

投稿: sgknagura | 2007年9月25日 (火) 11時30分

はじめましてsgknaguraさん←何とお読みしたらよいの?
伝統工芸展行かれたのですね?
毎回すばらしい作品を出品している作家さんの所でも
後継者難で「伝統」を伝える人がいない悩みを抱えてるようですね。
値段や売却とか非売とかは名札の裏に略号で書いてあります。

あと何年着ることができるか...?
心配しているよりお互い元気で着続けましょう!

投稿: キナコ | 2007年9月26日 (水) 19時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お彼岸なので | トップページ | 秋の遠足 第2弾 »