« 光と青の世界 | トップページ | 知らない味 »

2006年5月26日 (金)

最終日の過ごし方

ダイビングしたら24時間は飛行機に乗れない(乗らない)のだ。

潜って呼吸すると血液中の窒素が増え、通常の含有量に戻るには12時間以上も時間が掛かる(安全のためには24時間)。

それを無視して飛行機に乗ったり、高い山(伊豆や箱根の山でもよ)に行くと、気圧のせいで血液中の窒素が気泡になってしまう「潜水病」が怖いのだ。

だから最終日は、陸でゆっくり血液中の窒素を排出する時間をとって過ごす。

大体レンタカーを借りて走り回るのが常で、今回も朝10時から6時まで8時間借りた。

で、走ったのはこれも定番「先端好きルート」

宮古島はほぼ三角形の形で三つの頂点を制覇する。

先ずは三角形の上の頂点を目指し北上して西平安名崎へ、

そして池間島をつなぐ橋を渡る。

Anisihennnahasi .

.

左は池間島

.

...色が出てない

.

.

.

この海の青さ!素晴らしいでしょ。

Anisihennna .

.

.

この色よ!

.

.

.

.

.

池間島を離れる時点で午後1時30分。

右下の頂点を目指しながらそろそろ昼飯でも...と思っても店がない!

とにかく東平安名崎を目指す ↓ 途中の荒々しい断崖絶壁の海岸線

Ahigasigawa  .

.

.

.

.

.

.

.

すきっ腹を抱えながら東平安名崎に着いちゃったよ。

Ahigasi .

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

↑先端の白いのが この↓灯台

Atoudai 先端の灯台まで行かねば制覇したことにならないので車止めから歩く。

気温29度!太陽ギラギラ

...私には真夏だよぉ。

.

次は左下の頂点 来間島に向かう。

.Asatoukibi

.

.

島中どこでもあるサトウキビ畑...→

ざわわ♪ ざわわ♪ ざわわ~♪

陽は大分傾いてきたが

サトウキビ畑の上の空は「夏」でしょ?

. Aosiro

.

途中、なんでこんな城が?

どうして、ドイツの城が?

ま、ドイツとの友好の長い歴史があるんだけど

それは置いといて3つ目の頂点へ向かう。

.

.

来間島に渡って宮古島を眺める ↓は来間大橋

Akurima .

.

.

.

.

.

.

.

来間島を制覇したら午後4時、腹も限界。

Arestran でもちゃんと当てがあって、おもむろに東急リゾートホテルへ。

今でこそリゾートホテルは増えてきたが、10年以上前は宮古島で唯一リゾート感を味わえるホテルだった。

ダイビングには不向きなホテル(体験ダイビングしか出来ない、港から離れているのでショップの送迎が無理、高い!)なので市内のホテルを利用してたが、食事やお茶に足を伸ばしてよく来たのだ。

Asuup 誰も客のいないレストランで

レディースセット1800円を注文。

一番安いセットなので期待しないほうがいいかな...と思ったが合格!

.Amaine_1

.

宮古島産のアーサー(↑岩のり)入りコンソメスープ野菜サラダパン←これが美味い!、メインの真鯛とホタテと夏野菜のチーズ焼き←美味しいよぉ!

.Acake

.

そしてお替りOKのコーヒーそしてデザートのケーキも付いて1800円!...お肉のセットもあったから次はそれ♪

. Acaffe

.

ここでのんびり疲れ(?)を癒して、予定通り6時に空港へ向かい本日最終日恒例のドライブは終わり。

.

~~~おまけ~~~

三角形の底辺を走っているとき「海ぶどう養殖所」の看板を見つける!

最近デパートやスーパーの沖縄フェア等で本州でも目にするようになった「海ぶどう」。

Abudou2  私はこれ大好き!沖縄に行くようになってからのお気に入り♪

ただ、海の中では見たことのない海草なので、どのように生っているのか見てみたいと思ってた。

ハンドルを左に切り小さな漁港に下りると、向こうにビニルハウスが何棟か連なっているので中を覗く。

Abudou_1 いくつもの大きな水槽があり、一つの水槽を囲んで4人のオジサン&オバサンがなにやら手を入れてつまんでいる。

大好物なので見せて欲しいと告げると「どうぞ どうぞ」と招き入れ説明してくれるが、方言が強く半分以上伝わらず...

Budou2 でも、「食べてみなさい」はしっかり理解でき、ドンブリ一杯食べてしまいました♪

今までにない新鮮さ!プチプチはじける!これが本当の海ぶどうだ!

もう土産物店なんかじゃ買えないよぉと言って土産に購入(←格安)

      以上 社会見学でした

|

« 光と青の世界 | トップページ | 知らない味 »

コメント

来年は是非是非、東急リゾートと海ブドウの養殖所に連れて行ってください。
東平安名崎もいいな。

投稿: mamida | 2006年5月26日 (金) 19時45分

社会科見学大変勉強になりました。m(__)m
海ぶどう食べた事が無い~
どんぶりいっぱいもたべれるの。

投稿: 中ざくら | 2006年5月26日 (金) 19時45分

プッチプチの海ぶどう!絶対に養殖所で食べましょう。
東平安名崎ですが、以前は「アガリヘンナザキ」とルビ振ってたのに、今回気付いたのは「ヒガシヘンナザキ」となって普通の読み方になってた。
いわゆる標準語読みにしてしまうのかね...西表島もその内「ニシオモテジマ」と読むのかね。
太陽が昇る東は「アガル」、沈む西は「イリ」と読んでいいと思うよ。

「海ぶどう」は本州での沖縄フェアや袋入りでは本当の味わいがありません。
日持ちしない、冷蔵できない、なので土産に買って(もちろん養殖所で)きたら羽田空港で渡すわよ。
ドンブリ一杯なんて軽い軽い...ただし、チョット図々しいかな?とは思ったけどね。

投稿: キナコ | 2006年5月26日 (金) 20時31分

海ぶどう、完食いたしました。
いや~、写真も綺麗ですが、
フォトショップもいい仕事していますねえ。
本当、フォトショップすばらしいですね。w

投稿: キナコの子 | 2006年5月26日 (金) 20時45分

ん?フォトショップが機能発揮するのも
良い画像があったればこそなんですぞ。
美味かったでしょ?
プチプチ感が違うよね。
洗ったときの粒々の落ち方が違うもんね、落ちてないもの。

投稿: キナコ | 2006年5月26日 (金) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98850/10236880

この記事へのトラックバック一覧です: 最終日の過ごし方:

« 光と青の世界 | トップページ | 知らない味 »