« 旅の始まり | トップページ | 湯の瀬温泉へ »

2006年4月19日 (水)

初酒田

Bkuukou2_1 羽田空港でのドタバタもやっと落ち着いたと思ったら1時間ほどでもう到着

8時過ぎの早朝だというのに到着ゲートにはツ○チャンの姿が...その途端思い出した!東京土産も羽田土産もないことに。

ん?出口手前にどうぞご自由にと山盛りの試食用せんべい...これだ!

.

.

Bkuukou_1 ゴソッとつかんで迎えのツ○チャンと運転手(代わりの)安○ちゃんに「庄内土産でーす」と手渡す。

そして到着記念写真を写さす...とんでもない一行がきたと呆れているかもしれないが、友達の友達は「友達」なのだから諦めてもらう。

ツ○チャンのでっかい車に乗り換えて出発...のはずが車が変!

夜、駐車している間にぶつけられたらしくバンパーが折れタイヤに食い込み走れない!

おもむろに携帯を取り出して車屋さんとチ○○先生を呼びだすとこんな時間だと言うのにすぐに駆けつけて来た。

そしてセンセイの車に乗り換えて出発。

Bsannmonn「ツ○チャンの行くとこ 行くとこ 何か起きるんだ もう慣れっこダ」とセンセイ。

それにしても安○チャン、車屋さん、センセイと、人を集めてしまうツ○チャンとは不思議な方だ。

先ず向かったのは日和山公園の桜祭り...空港ですぐ分かったけれど一週間早かった。

←立派な山門

北前船...豪商...さすが繁栄した街!

山門だけでない、社の造りも見事だ!

それだけでない

我等が立っているこの山が人工の盛り土で作られた山だとは!

Bsannmonn2 地元でも予想以上に遅い開花で、早すぎる準備でちと寂しい桜祭りの飾りつけの中を歩きながら

梅酒、梅の甘煮、花見団子を食う。

桜も木によって咲き始めたのもあるけれど、その代わり梅、桃、レンギョ、椿の花を楽しむ。

そして黄な粉団子、蒟蒻玉、おでん(?)を食う。

もちろん食うだけではなく酒田の歴史、人物史をかじりながら公園内を上ったり下りたりあちこちまわる...ここに土を運んで盛らさせた権力者に想いをはせながら。

Btorii 神社では神妙に今回の旅の安全祈願をする。

何しろ空港に、車に、先行き危なさそうだものね。

.

園内には縮小して作った

北前船の千石船も↓

Bkitamae

.

.

.

.

.

Babumiya 次に向かったのは...鐙屋

廻船問屋だったかの豪商の屋敷を修復したものだが、シンと静まり返った屋敷内を当時は大勢の人が働く声と客との声で賑わったのだろうと耳を澄ます。

.

次は山居倉庫

来たことがあるような...気がしたのはよく写真にも撮られているし、映画やドラマのロケにも使われているからなのね。

先ず入った建物で目を奪われたのが吊るし雛

Bturrusi1 Bturusi2 Bturusi3 .

市民(婦人会?)の手で協力して作られたというが目を楽しませてくれる♪

.

Bsouko1ri .

.

.

.

.

山居倉庫裏手へ

.

夏、葉が茂ったケヤキは日陰を作って自然のクーラーとなる

.

.

.

.Bsoukoura_1

.

右の白い上着の方は

ボランティアガイドの豊岡さん

着物大好きで話が盛り上がる♪

.

新潟地震にも負けずにいまだ現役の米蔵は立派だ

.

Brakann

次は...十六羅漢

その前に昼飯「夕日ラーメン」

トビウオ(あご)の出汁でとったスープは関東の醤油ラーメンに似ているが癖のないあっさりさっぱり味...完食。

自然石に彫った羅漢さん、見えますか?

さて次は...水芭蕉の里へ冬季クローズ中の鳥海山を登る

曇って見えなかった鳥海山も、近くに来て残雪をかぶった姿を見せ始めた。

クローズだと言うのに大丈夫かいな?と思ってる内に到着。

素晴らしい!見事!

こんなに可愛く美しく咲いているのははじめて見た。

Basyou

Basyou2 .

.

.

.

.

.

.

.

さぁて次は...湯の浜温泉

ただしここには20分しか居られない!

正味18分の入浴で温泉をあとにする。

「もう盛りだくさんに楽しませてもらったよぉ」と汗を拭き拭き、

それでも暑いので下着姿になっちゃう。

次の...焼き鳥屋「長兵衛」

何ゆえ5時開店の焼き鳥屋に急ぐのか...?

開店5分前に到着し、「いいよ」の声で店に入って30秒後に理由が分かった。

客が来る!来る!30人入れない客席は3分後には満席!

それでもひっきりなしに客が来る...

我等が5分前に席を確保してたから良かったけど、もし遅れてたら午後便で来る人達の分はダメでしたね、18分で風呂を出てよかった。

Tyoubee

.

.

5時45分

全員集合!

.

.

そして食う AsuparaTako

食う 

食う

.

右…アスパラ焼き

左…たこの桜煮

.

Unagi

←うなぎの白焼き トローリ美味!

これらが焼き鳥屋の出す料理に見えます?

美味いだけでなく見た目にも力を入れた盛り付けにメニュー制覇を狙うが「食べるの早過ぎ!」と言われてしまう。

.

Oyaji_1 .

作り手はこのオヤジ⇒

笑ってるが、はじめは無愛想で取り付く島なし

.

焼き鳥は正肉と鶏レバーと砂肝以外口にしない私が「チョウモト」「キカンシ」...等という内臓モノに初めて手を出した...うま~い!

目の前で旨そうに焼くのでつい弾みで「じゃ1個だけ食べてみる」と口にし、あまりの美味さに1個ではなく、どれも1串ずつ食べちゃった♪

今まで食わず嫌いでいたことを反省するが、他店で挑戦する気はありません。

それにしても食いすぎ!満腹!

まだまだこのあと夜の部があるのです。

.Katail Katair

.

.

.

.

夜はツ○チャンのお店で富さんの仲間(ツ○チャンの若い衆?)も参加して懇親会。

昼とは打って違ったツ○チャンの華やかな「ママ」姿を拝見し、ホテルにご帰還。

お天気はもってくれたが、20日は雨らしい...

|

« 旅の始まり | トップページ | 湯の瀬温泉へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98850/9724311

この記事へのトラックバック一覧です: 初酒田:

« 旅の始まり | トップページ | 湯の瀬温泉へ »