« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月28日 (火)

ベトナムの味

b-hoteru 出かけたら出先の食い物を味わう♪

それが旅の楽しみであり、不安の一つでもある。

現地の食い物が私の口に合わない(不味いなんて言っちゃいけないよ)ときは、辛いが...その味を味わう。

そのようなときのために、薬代わりにレトルトのおかゆ、梅干、インスタント味噌汁を持って行き、疲れた胃を慰める。

合わないときは味より先ず匂いが鼻につくし、胃が疲れてくるとやはり匂いが気になってくるので、鼻がバロメーターね。

合うときはラッキー♪ とことん味わう!

ベトナムは去年行って私の口に合うものが多く、ダイエット中の身(本当か?)だが敢えて中断しよう(何時もじゃないか)。

b-fho フォー:太目の素麺のような、温麺みたいなベトナム麺 

トッピングでいろいろなメニューがあるが、どれも薬味(...ハーブのようだがとしか言いようのない数種類の草)をのせ、ピリ甘辛の数種のタレをかけて味わう掛け蕎麦ね。

観光案内でフォーの有名店やホテルのバイキングでも食べたが、市内で食べたPHO24のフォーがスープも美味しく店内が清潔でお勧め!

.

.

b-ageharumaki 春巻き:中に包む物で上品な高級なものからいろいろ

皮にもしっとり生なのと、乾いた皮をそのまま出すのもあり、揚げたものもある。

皮や中身で名前が違うのか分かりませんが、どれも草がたくさん出され肉類と共に包んで食す。

高級なのは・・・マンダリンで出されたしっとりもっちりした皮にふんわり包まれた北京ダックのような(中身分かりません)味わいの生春巻き。

庶民的なのは、売られていたそのままの乾いた生春巻きの皮をバリバリはがして包む。

破れても割れても気にしないらしく、包んでいる内に草についてる水滴などで案外柔らかくもなるし、バリバリ食いちぎるのもいい。

b-kusa バインセオ:「ベトナムお好み焼き」と言うが小麦粉を混ぜた薄焼き卵にモヤシや肉をのせて半分に折ったオムレツのように見えるが、卵はパリパリに焼けている。(食い気に負け画像なし)

それを山盛りの草の大きいの(白菜のような葉)を外側にし、ほかの草と共にバインセオを崩して包み、タレをつけて食す。

.

←草 赤紫蘇やドクダミみたいのも...

.

b-tenagaebi 手長海老:魚介類も豊富で生でも出されるが怖い。これは新鮮な手長海老を炭火でじっくり焼き、花胡椒にカボスを絞ったものをタレとして食す。

カニを食べるときと同じで、テーブルに出されたとたん会話は無くなり、ガフガフ喰らいつく。

.

.

.

他にも美味いものはたくさんあったが名前が分からない...今度行ったらちゃんと名前を控えておこう。

b-musiasari .

.

.

蒸したアサリ

.

.

.

b-makimaki .

.

春キャベツみたいと思った旬のレタス(美味い)でサトウキビを芯にした海老シンジョもどきをほぐして、皿に乗っている草などを巻き食す...ンゴ~ン!

.

.

.

.

b-burakkutaiga-

.

ブラックタイガーの刺身

日本でも冷凍海老で御馴染みだがこれは小ぶりで生!ぴくぴく生きてる!

スライス玉葱と持参のワサビ&醤油で食す。

ベトナムの甘いタレじゃダメ。

.

.b-kaisennnabe

.

.

海鮮鍋だが、器にフォーの麺を入れ、この鍋の具や汁をかけて食す。

.

.

.

.

.b-nikumaki

.

.

薄切りした豚ヒレで千切り野菜を巻いて焼いたもの。

甘いタレがかかって白髭ネギのようなのと一緒に食す。

.

.

.

.

.

b-timaki

葉っぱで巻いて蒸したちまきのようなもの

手前のは魚肉でかまぼこみたい

向こうのは肉のようでソウセージみたい

口に入れるのに勇気がいったが、加熱してあるのでオッケー...予想外に美味い。

.

.

b-misesaki

.

.

.

店先には山のように積み上げ売られていたがスーパーでも沢山売られ普通に食べられているようだ

.

.

.b-betonamucaffe

.

ベトナムコーヒー

カリタのような容器にコーヒーを入れカップの上にセットして湯を注ぐ。

お一人様にぴったりなので土産に購入

.

.

.

.

今回食べられなかったが、ミトーでの見た目もユニークなライスボール象の耳...もう一度食べた~い。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年2月27日 (月)

ただいま~♪

a-hamabe 昨日気温30度の国より帰宅、今朝のこの寒さ!

寒⇒暑はすぐ慣れるが、暑⇒寒は辛いなぁ...

しかし、ここで風邪なんぞ引いたら冷笑ものなので

ここは意地でも引いてはいけない!

《今回の行程》

a-1 2月22日 成田空港集合  トラブル発生①②

  10:50 成田→(時差-2時間)→14:00 タンソンニャット空港

  16:00 オムニサイゴンホテル チェックイン

      ホーチミン市内:お仕立て組、買い物組に分かれて自由行動a-manndarin

       腹が空く...PHO24でフォー&スイカジュース

      高級レストラン!マンダリンにて夕食

2月23日 ホテル7階(VIPクラス♪)で朝食後 市内を散策 

  13:00 ホテル集合→国内線空港へ  トラブル発生③

  14:00→15:00ニャチャン空港   トラブル発生④

  17:00 ニャチャンの海に浮かぶ島のリゾートホテルへ

       ソフィテルビンパールにチェックイン(ここは日本人スタッフも

       日本語が分かるもの居らず...)

        夕食 メニューの英語を頼りに料理内容を判読してオーダー 

       運ばれるまでは不安だったが、味も量もオッケー

       夕食後は恒例マッサージ&エステ♪ 極楽極楽

a-pu-ru 2月24日 終日ホテルにて過ごす

       正しいリゾート客らしく プールにて遊ぶ

       (海岸は綺麗に清掃され、美しい砂浜だが、

      水の中はゴミ...早々に引き上げる)←途上国のゴミ問題ね

  12:00 5時間のマッサージ&エステを楽しむ

       18:30には全員終了の予定だったが、人手が足りないのか、

       それとも こんなに客が来ることないのか、遅れに遅れ...a-24yoru

   20:00 夕食 最後の夜を楽しむ

2月25日 午前中 プールでのんびり組&エステ組

       ニャチャン市内でランチ(言葉は通じないし、

       メニューもよく分からなかったが美味しく食べる)

       15:45発の飛行機が来ない...1時間遅れで出発

  17:00→17:30 30分でタンソンニャット到着!ホテルへ

        再びホーチミン市内で自由行動(22日に注文したブラウスの試着や

        a-tennpuruzenninn 去年のお直しやウィンドーショッピング)

  20:00 テンプルクラブにて夕食  

        ここに向かうタクシーで トラブル発生⑤

        食事はどれも美味、格別なのはデザート!

        名前は...チェなんだけどいろいろあって...今度しっかり覚えよう。

2月26日 午前中はマーケットをぶらぶら

  12:00 バインセオ45にてランチ バインセオ&手長海老にかぶりつく

        午後再び自由行動にして、アオザイのような中国服のようなものを

        オーダーなんぞしたり、高級ホテルのトイレを拝借したり...。

  19:30 オムニサイゴンホテル集合 最後の荷造り トラブル発生⑥

  a-kaisennnabe 20:00 シーフードレストラン ゴックスォン(←まっぷるに表記)

        生のブラックタイガーや蒸しアサリを腹いっぱい堪能!

        T氏お勧めの生ガキは疲れた胃には危険なので

        悔しいけどプリプリの生ガキは辞退...

        後でわかったが止めてて良かった( トラブル発生⑦ )

  22:00 タンソンニャット空港へ

        ここからが心配な出国手続き...

        大変な問題を抱えてましたが、無事通過♪

  23:55→→→プラス2時間&気温差マイナス30度の成田空港へ

2月27日 07:30 成田空港到着 めでたし めでたし 

空港で解散だが、羽田に向かう方達と一緒にSさん御夫婦に送っていただいておしゃべり&ランチ→→→トラ養育者宅へ (バスに乗ってついウトウト...乗り過ごす!乗り換えて倍のバス料金なり)

ここでまた食べなくともよいのに、娘の手作りストロベリーアイスをしっかり腹に入れ一休み♪(=昼寝)

夕飯も泊まるのもいいのだけど...、28日10時半からの野暮用に間に合わないといけないのでトラを置いて帰る。

.

帰宅するとポストからはみ出さんばかりのろくでもないDMを片付け、PCのろくでもないメールを消し、おもむろに旅行中のデジカメ編集に取り掛かる...ろくでもない食い物画像ばかりが多いいよー!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年2月21日 (火)

ちょっとお出掛け

これからまたチョット 暑いところへ出掛けま~す♪

出発は明日だけど、ここは僻地だから前泊するんでこれで出掛けます。

この寒い日に暑い所への仕度、特に出発時の服装は工夫が要ります。

空港まではしっかり防寒対策、空港や飛行機内では上着を脱ぎ、

到着したら現地気温に合った盛夏用服装になるよう、

竹の子みたいに一枚一枚脱げるように着込まないと大変。

そして脱いだ服を預けるほどじゃないので、小さくまとめる工夫もね。

060220_005 .

出発の最後の仕事・・・今、我が家にホームステイしてるリリを動物病院(ホテル)に預けてきます。

我が家のトラは別邸で王子様生活をしてるし、私はリリを預かってこの寒い中を避暑地にお散歩。

家にいるワンコはいい暮らしをしてるなぁと思います...娘は「私もトラになりた~い」とよく言ってますが、私もなりたいよぉ。

060220_006

この画像は19日のお散歩姿、リリのホームグラウンドなので元気♪元気♪

いつもは「歩きたくないよぉ」と突っ張ってストップをかけるのに、ここではまるで案内するように私を引っ張ります。

このリリの身の上には辛い過去が...それを書いてると時間が無いのでまた。

.

では 行ってきま~す♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月20日 (月)

ちゃんと撮ってよぉ

060220_014 本日はグチールの新年会 久し振りに8名全員出席

この会には着物で行くのだが、朝からの雨がひどくなり準備してたが断念。

そしたら岩○さんが何と着物!エライ!

私が着物だと思って、頑張ったのよぉと言う⇒あやまる。

11月の会以後、○○川さんが未亡人に、岩060220_016○さんが介護生活に、といろいろあったが何はともあれ全員元気に顔を合わせられることを 祝福して...

かんぱ~い♪ なのだが

全員車なのでソフトドリンクで乾杯。

これはおあずけ

.

3ヶ月ぶりの積もる話に花が咲く、もちろんお食事も自粛せずに楽しむ。

ところが耳ツボの効果か、もっと食べたいのに満腹...2ヶ月近くも一応セーブした食生活だから胃も小さくなっているはずよねぇ。

060220_011 で、タイトルに関わる写真ですが、撮ってもらう人は選びましょう!

乾杯の時からパチパチ写真を撮り回してたけど、私達のを見てがっかり。

飲み干したグラスが主役か?テーブルの植物に顔が隠されてるぞ!汚れた食器に囲まれてた方が綺麗に見えるのか?といろいろ文句つけたくなるのです。

(注)デジカメなのだからその場でチェックできる?それが出来ないのです...目が不自由だから。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年2月19日 (日)

お魚さん達③

他にもこんなのが

ろくでもないのを整理してたら載せておきたい魚がありました。

ま、自己満足だけど...。

.

.060210_008無理やり巣穴から押し出された モンハナシャコ

.

.

.

.

.

.

.

.

ハタタテダイ   

ムレハタタテダイとの違いは良くわからないけど群れてないからハタタテダイね

.060210_050

.

.

.

.

.

.

.

.

.060210_318

.

可愛いでしょ

テングカワハギの子供

.

.

.

.

.060210_303

.

.

やるか!といった戦闘的態度の

カクレクマノミ

.

.

.

.

.

ヒレが綺麗なこの魚、見事に開いたところを撮ったけど...

名前が分からなーい  イトヒキベラ?

マッコスカーズラスとか言ってたけど...和名がないのかな。

.060210_031

.

.

.

.

.

.

.

.

ヒトデを食べている2匹の フリソデエビ

060210_060 .

.

.

.

.

.

.

.

.

嫌われ者 ゴマモンガラ

私のフィンもこいつにかじられている。

体も大きく凶暴なヤツで、凄い面構えでしょ。

. 060210_123

.

.

.

.

.

.

.

.

透明度がいまひとつの海だが、魚影の濃さは凄い

まるで湧くように魚が現れ、魚が多すぎて向こうが見えないことも

これも向こうのM女史が見えなくなるほどのホソフエダイの群れ

(ホソフエダイと教わったけど山溪の図鑑には載っていませーん)

060210_236

.

.

.

.

.

.

.

.

.

マンタも魚の群れの向こうに消えました。

.060210_161

.

.

.

.

.

.

.

.

.

魚も地形も楽しめるポイント 流れがあるところではドリフトで楽しんだが

ここは流れのあるところで何かが現れるのを待った大きな岩の上

. 060210_051

.

.

.

.

.

.

.

.

.060210_338

.

ラストダイビングでお別れのメッセージを書いて見せるガイドのなべさん

.

HPで我々の後のクルーズの報告を読むと、透明度がよくマンタだけでなくジンベイまで現れたそうだけど、海が荒れたらしい...どっちがいいのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月18日 (土)

お魚さん達②

魚のカモフラージュ術は見事!

鏡があるわけじゃなし、色が見分けられるようでもないのに、どうして周りの物に似せることが出来るんだろう。

さぁ 見つけられるかな?

.060210_032

.

.

.

.

.

.

.

..060210_134

.

.

.

.

.

.

.

.

.060210_332

.

.

.

.

.

.

.

.

これらは オニカサゴ

周囲と同化し、見分けがつかなくなっている。

と、なるとこちらも「見つけてやろうじゃないか」モード

「見~っけ」「ここにいたー」と探してしまう。

背びれには毒を持っているそうなので、うっかり触っては危険な魚だ。

.

さて どこに魚がいるか分かるでしょうか?

恥ずかしがり屋の セダカギンポ やっと全身姿を現した。

.060210_299

.

.

.

.

.

.

.

.

まるで透明人間ならぬ透明魚のように、

白い砂地に透明感のある白い体で目立たない

ミズタマハゼ (頬に水色の点があるので多分...)

.060210_117

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.060210_202

.

タツノオトシゴのようだが

口が長いので多分...

オオウミウマ

画像で見ると目立つように見えるが実際は見つけるのが大変

.

.

060210_082 .

.

すぐに穴に隠れてしまうが好奇心旺盛な 

 ハナダイギンポ

.

.

.

. 砂地からニョキニョキ出ている棒は ガーデンイール   

 近づくとするすると砂地に引っ込んでしまう。

.060210_120

.

.

.

.

.

.

.

.060210_076

.

.

向こうの巣穴から全身出てきた ?ハゼ

目の下の涙斑が特徴といわれたハゼなんだけど...名前を忘れた

.

.

.

魚の名前を覚えるのは難しいよぉ。

聞いても...ハイ ハイ と覚えたつもりが頭に入ってない。

海の中で見た魚の特徴を頭に入れて、陸に上がってから尋ねようと思っても、アレ?アレ?どんな形、どんな色だったか忘れちゃってる。

これも潜水病の窒素のせいかなぁ...単に老化ボケのせいかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月17日 (金)

野暮用ついでに

060217_001 本日午前中は霞ヶ関...で、お江戸に行くのでN女史と待ち合わせ

ランチ&鑑賞会

060217_003 .

.

.

.

.

ランチは画像のとおり軽~い古代米と有機野菜&お豆腐の一番高いランチ(1260円也)でーす。

.

060217_004a お食事の後は美人画で目を楽しませる。

次の写真展「ベトナム」は今まで紹介されなかった北ベトナム側の写真家が撮った写真展

060217_005 .

.

.

.

.

.

残虐な写真は敢えて除いたようだが、

爆撃された後の光景だけでも十分その惨さは伝わる。

全共闘世代で、ベトナム戦争についても少しは知ってるつもりだったが、

写真を見、会場のパネルを読み進んで行く内、言葉が無くなる。

会場の誰もが食い入るように見、話し声ひとつ聞こえない。

来週ベトナムに行くから、少しはベトナムの事知っておこうと

軽い気持ちで入ったのにずっしり重い気持ちになって出た。

で、お茶&チーズケーキ♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月16日 (木)

お魚さん達①

今回のスミラン諸島、リチュリーロックダイブクルーズで逢ったお魚

今回もカメラを持って潜ったが、どれもこれも...

鮮やかな色彩を撮るには外付けのライトをつけないと無理ね。

とりあえず第1弾

アミメフエダイ

格子模様が特徴 子供の方がはっきりした格子だ。

060210_005

.

.

.

.

.

.

.

.

コクテンフグ

色彩変異が多く、これは灰色に黒点

.060210_015

.

.

.

.

.

.

.

.

.

ガンガゼ(ウニ)の針の間を泳ぐ ミナミハコフグの赤ちゃん

5cmくらいの小さな体だけど、黄色に黒の水玉模様が可愛く人気者

.060210_016

.

.

.

.

.

.

.

.

.

イスズミ 食べても強烈な磯臭さで美味しくないそうだ

.060210_022

.

.

.

.

.

.

.

.

.

ここでは全然普通種 サザナミヤッコ

.060210_037

.

.

.

.

.

.

.

.

.

タテジマキンチャクダイ

ただし、日本のとは形態が違い背びれが後方に伸びておらず丸みがある。

.060210_034

.

.

.

.

.

.

.

.

.

背中の模様が人の顔 ヒトヅラハリセンボン

.060210_109

.

.

.

.

.

.

.

.

.

アカオビハナダイ

腹に赤い模様があるのは♂

.060210_200

.

.

.

.

.

.

.

.

ムスジコショウダイ  阪神カラーの派手な模様

.060210_182

.

.

.

.

.

.

.

.

.

モヨウフグ

人懐こいというか、人を舐めているというか、悠然と我々のところへやって来る。

.060210_176

.

.

.

.

.

.

.

.

.

大物も登場 頭上をバラクーダーの群れ

.060210_230

.

.

.

.

.

.

.

.

.

小さいのもいろいろ これが魚?と思うほど変わったヤツ

ニシキフウライウオ

頭が下、目を見つければわかるでしょ?

色も白や赤、黒、茶もいるけど、これは黄色

.060210_250

.

.

.

.

.

.

.

.

.

アカモンガラ  大きいのは可愛くないわね

.060210_289

.

.

.

.

.

.

.

.

いよいよ登場  マンタ!

.060210_158

.

.

.

.

.

.

.

.

.060210_159

.

.

.

.

.

.

.

.

マンタ目的に潜って待ったけどダメかと諦めかけたとき出ました!

我々の頭の上をゆっくり通り過ぎる...かっこいい♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月14日 (火)

激しく反省...してるか?

昨日は久し振りのちくちく

060213_mise お昼は女史と軽~くランチ...のはずだった

かねてより行ってみたかったシチューのお店に入り

店内の雰囲気がよく、気をよくする...♪

メニューを見てさらに『全部たいらげなければいいしぃ』と気を緩める...♪

ほどほどのお値段(2100円)でスープ2種、サラダ6種、飲み物6種はセルフで取り放題そしてデザート付きのランチ...ま、取り放題は私にとってどうでもいいことだけどぉ。

で、私は一番人気の『とろとろタンシチューランチ』を注文。

シチューはハンドボールくらいに丸く膨らんだホイルに包まれた熱々の鉄鍋に

柔らか~く煮込んだ厚切りタン2切れに、ポテト、茄子、ピーマン、人参がごろごろ。

本当に柔らかくスプーンとフォークしか添えられていない理由がわかった。

スプーンを手にしたときは『野菜は全部食べて、タンは1枚だけにしようっと』と思っていた。

が、画像をとることさえ忘れてぱくつく。

柔らかさは...文句なしの感激もの。

お味は...もちろん美味しいのだが“星2つ”くらいでコクというか肉の旨味がない。

それはビーフシチューのⅠ女子も『出汁をとった後のお肉みたいね』と同じことを言う。

060213_dezato とか何とか言っている内に、シチューもライスも全部腹に入れてしまった!

デザートを加減しようと気を引き締めたが、出された4種のミニデザートが美味しくこれも完食...。

今日は解禁日♪(←いつもだぞ)とし、夕飯を気をつけることにした。

ところが夜は、娘が来て食べに出掛けることに...それもとんかつ屋へ。

揚げ物は衣を剥がして食べるという人がいたが、

衣を取ってしまったら揚げ物の美味さがないではないか!

そんな邪道な食べ方があるか!

もちろん衣をつけたまま完食!

...今朝の体重1キログラム増

ああぁ 自己嫌悪

否、あんまり自己嫌悪も反省もしていないかもしれないな

きっとまた同じこと繰り返すかも...。

.

060213_tyoko 060213_1tubu

あ おまけ

母にもバレンタインね♪とこれをいただき

2個食べてたんだ...

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月13日 (月)

船上生活

4泊5日のダイブクルージング

060209_hune プーケット東沖100km、大小九つの島からなる国立公園のスミラン諸島、スリン諸島、リチュリーロックをクルージングしながら巡る船はマリンクエスト号

到着日夜、13名のダイバーを乗せスミラン諸島に向け出港♪

船内は裸足生活、部屋はダブルをシングル利用し私だけの空間に。

明日のダイビングに備え寝る...ところが揺れる、揺れる、エンジンがうるさい!

なかなか寝付けなかったが、気づけば朝、島が見える。

060209_boto 島を巡りながら夜は島陰に停泊、翌朝また移動しながらポイント近くへ。

ポイントへはゴムボートのディンギーに乗り換えエントリー&エキジット。

エントリーはともかくエキジットで乗り込むときは大変。

ボートの下でウェイトベルトを外し、BCを脱いで身軽になるが、1人では到底乗れない...そこでスタッフに引き上げてもらう、まるでトド状態。

1本潜ったらおやつか食事に休憩...食べ、潜っちゃ食べ、潜っちゃ食べ、を1日4回も繰り返し、その間寝てるだけ...考えるだけでも恐ろしい。

船の丸窓を覗くと・・・060209_mado1 060209_mado2

.

.

.

.

.

.

060209mado4 060209_mado3

.

.

.

.

.

.

食事はタイ人スタッフが毎回趣向を凝らしたタイ料理(?)

味は濃い目、甘~い!、辛ーい!、匂いがキツイのもあったがまずまず。

我々の希望に沿うよう香草などは加減してくれ、だんだん食べやすく美味しくなった。

日本が米不足のとき世話になったパサパサのタイ米だが、タイ料理にはそのパサパサがやっぱり合う。

そして、いくら屋根があっても、日焼け止めを塗っても、効果なしの紫外線浴び放題。

.060209_hutari

太陽がアンダマン海に沈む夕暮れ時

屋上デッキで夕日を背に女二人、黄昏を楽しむ。

.

.

060209_neko こんな生活なら時間をもてあますだろうと、コイツを連れて兄弟を作ろうと持ってきたが、全然編んでる暇はない...寝るだけで忙しく、コイツは暇。

首にかけてるのはウエルカムカードと共にベッドに置かれてた花飾り、いい香り♪

060209_hana

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月12日 (日)

諸行無常

着物仲間とは常日頃「我等はもう身辺整理しないといけない年代」と話し、その必要性は重々わかっている...つもり。

060212_gara1遺されたものはただのゴミ。

たとえその個人にとってはどんなに思い入れのある品物でも

他の人には単なるモノ。

必要を感じてくれなければただのゴミと化す。

.

今日は友達Kさんの義理の叔父叔母 の家を訪ねつくづくと思い知らされた。

叔母さんは痴呆で数年前より施設入所、90を超えた叔父さんは癌で入院。

甥(Kさんの夫)以外身寄りがなく、前々から甥というより甥の妻であるKさんに後のことは頼むと言っており、今回の入院にあたって遺言書も準備したと言う。

060212yoko1 もう戻って来ることのない家の片付け等はKさんも気にはなっていたが、叔父が生きているので何も手を出していなかったそうだが、病院で「2階のオバサンの荷物などは始末してくれ」と頼んでくれたので取り掛かるのだそうだ。

先ずしたことは、叔母さんが入所してから掃除していないような汚れ放題の部屋トイレ水回りをハウスクリーニングの業者を頼んで掃除。

叔父さんも戻ってくる可能性がないわけではないので、叔父さんの物には触らずに叔母さんの荷物(衣類)から整理し始めた。

着物を着る生活をしてた叔母さんじゃないけど“着物を誂えるのが趣味”のようで、もの凄い枚数あるから見てよぉと声をかけられた。

060212_gara2本当は先週集められたのだが生憎私はタイに出かけてたので行けなかった。

とても小柄な体格とのことなので、もらってもお直しをしないと駄目だし、第一好みが合うかも分からないのであまり気乗りはしていなかった。

ところが再び「ロクなのはないけど見てぇ」と声がかかり、本日1時に迎えに来ると言うので田呂○さんを呼んで一緒に行くことにした。

向かったのはローカル駅徒歩10分以内の住宅街、バブル期には坪100万円でも買えない土地に、数奇屋風の門構えに手入れされた庭木...結構きれいにしてたじゃないの と言ったら「毎年植木屋さんが入るからね」との返事。

060212_yoko3広~い料亭のような玄関に入って納得、まだ捨てられない叔父さんの荷物が山ほど...2階の叔母さんの三間の作り付け箪笥のあるお部屋には、箪笥から出した着物帯が山ほど...でも、一目で私の好みじゃない...。

でも、田呂○さんには似合いそうだが、如何せん裄も、身丈、身幅も小さい。

ほとんど仕付けがついたままの着物ばかりだが、洗い張り仕立て直しをしないと着られない。

そこで「帯とコーディネートするので、30000円出しても着てみたいのがあったらもらって行くと良いよ」と彼女に合いそうな「着物1枚に帯2本」の組み合わせをいくつか作ってみた。

やはり彼女好みの物が多く「え~こんなにもらって行っても仕立て直すお金がないよぉ」と060212gara3言いながら鏡の前であれこれ試着。

結局着物4、5枚に帯5、6本、着物とお対で作ったバッグ2個、帯締め1本、どれも新品でいただく。

私は...自分では買いそうもない新品の小紋を1枚いただいたが、洗い張り仕立て直しをしなければならない...金が無いよぉ!

(画像は、いただいた着物の柄だがどうでしょう?)

それにしても着もしないのにこんなに誂えた叔母さんってどんな方なのかしら...他人事じゃないわ。

私も叔母さん程じゃないけど、まだ仕付けを取っていない物、仕立ててない物、ろくに着ていない物...いろいろあるのよねぇ。

たとえ娘がもらってくれるにしてもこの内の何枚かだし、多くのろくでもない物は...ゴミよ。

着物だけでなく家の中を見回せば...私以外には価値のない物ばかり。

060212yoko2これも、あれも、みぃ~んなガラクタ。

これらを処分しなくてはならない娘には、大変な作業だわwwww

私自身2年前に、母の家を片付ける大変さを味わっているから良く分かる。

自分の身辺整理は自分でしなくては!

物は最低必要なものだけにし、身軽にしておきたい←願望

今日、主のいない家を訪ね、物欲のブツだけが取り残された無常な様を目にし、諸行無常・色即是空...人間のはかなさ、哀しさを想う。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年2月11日 (土)

今日はこれで

昨日帰ってきたばかりで洗濯する物あるけど...、

家の周囲には留守中ゴミが吹き寄せられてるけど...、

おまけに海のプランクトン(?)にやられた顔のブツブツ(詳細は後日)も気になるけど...、

060211_kimono 今日はこれ着て銀座へお出掛け♪

着物は久し振りに引っ張り出したちょっと可愛い絞り小紋にして

は黒と金でも普段使いの名古屋(初卸し)

お天気が良く暖かいのでコート地で仕立てた羽織にショールで十分でしょう。

060211_haori .

.

.

.

.

.

.

.

2ヶ月振りの忘年会での面々とニューフェイス(古くてもNEW)の11人で

いつもの楽しいお喋り&食う会

060211seizoroi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たっだいま~♪

タイ王国はアンダマン海 スミラン諸島より帰ってまいりました。

060209_hune .

成田より空路7時間のバンコクへ

バンコクで国内線に乗り換えプーケットへ

そこでこの船に乗り込んで

ダイブクルージングの出発!

朝起きたらお目覚を腹に入れ潜る

朝飯食って休憩(寝る)

060210_mannta 昼前に潜って

昼食&昼寝...

再び潜って、

おやつ&休憩...

さらに潜って、

夕飯&睡眠

つまり、食っちゃ寝&ダイビングの4泊5日船上生活。

ダイエット中の身には恐怖のクルージングで日焼けもなんのその

こいつに逢ってきました! ↑

.

詳細はあとで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »