« 都会の朝 | トップページ | やれやれ »

2006年1月25日 (水)

ホテル・ルワンダ

06023eiga 久しぶりにいい映画を観た

ルワンダの民族虐殺を扱ったものだが

虐殺そのものではなく、

1人の男の行動に焦点を当て、惨たらしさを排していた。

しかし、それでもその恐怖、狂気は十分伝わる。

何が人間をあのような残虐な行動に駆り立てるのか...

.

当時「ルワンダで民族対立」、「ジェノサイド」、「大量難民」等というニュースは見ていた。

歴史を遡れば、西側と言われる国々に弄ばれ見捨てられた悲劇だ。

しかし当時そんなこと知ろうともしなかった。

ニュースが報じられる向こう側に

このような男がいたのだ。

.

見に行ったのは雪が降りしきる21日の土曜日

それも着物&草履で行ったので大変。

渋谷は坂が多く、草履はツルツル滑り、一緒に行ったM女史に支えられながら歩く。

やっとたどり着いたのに

各マスコミでこの映画の内容や上映について取り上げたせいか満員!

3時、4時台の上映も満員、仕方ないので6時の上映チケットを買い、お茶しながら&夕飯食べながら待つ。

店を出ると下り坂...草履に使ったおしぼりで滑り止めを細工する。

効果絶大!

|

« 都会の朝 | トップページ | やれやれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98850/8309144

この記事へのトラックバック一覧です: ホテル・ルワンダ:

« 都会の朝 | トップページ | やれやれ »