« 便利な世の中ね | トップページ | エエエー そ・そんなぁ »

2005年11月 9日 (水)

こんな所に目が行く

先日、和裁の心得のあるN女史に

仕立ての上手下手を裾の角を見れば分かると教わった。

今まで気にしたこともなかった裾の角

11suso3 . 11suso

.

.

.

この出来はどう?

.

何でこんな所に目が行ったかと言うと

あんまり良いお天気なので、

11kusakizome もう着ない着物の箪笥を開けて簡単虫干ししてたら目に入った。

と言うか... 「まだ着れそう♪」  なんて思っちゃったの←危険

八掛を取り替えればまだまだ着れる!

この着物、20代の頃に誂えた(だからうれしハズカシのピンクの八掛)

紺地に草木染の植物柄の小紋だ。

誂えやお直しするには弾みが必要

早速 弾みがついてる内にだ○まやへ!他にも着物2帯3を持って行く。

|

« 便利な世の中ね | トップページ | エエエー そ・そんなぁ »

コメント

両方とも合格です♪
着物の地の目が合っているから、角がちょっと上に上がって、八掛けがぷっくりして直線と曲線を縫うからそのように成るのです。
私のはそうなってなかった・・・・・

直線(着物地)と曲線(八掛け)を縫うのは難しいのですが、それを遣るのが仕立てやさんの腕でしょうが・・・・私もアップしょうかしら?
見ているしなぁ~

投稿: 中ざくら | 2005年11月13日 (日) 01時08分

「合格」と聞いても全然嬉しくない事態に...
仕立てがよければ、返って腹立たしいわね。
素材が悪いと言うか騙されてたんだもの!
今ならきっともう少し見る目があると思うけど
「変だなぁ」と思っていながらも
頭から信じてたものね呉服屋を。くっそぉー

中ざくらさんのお離れじゃ、すぐ分かっちゃうわね...具体的に説明しないで部分だけの画像なら、そこまでは分からないでしょう。

投稿: キナコ | 2005年11月13日 (日) 02時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98850/7051108

この記事へのトラックバック一覧です: こんな所に目が行く:

« 便利な世の中ね | トップページ | エエエー そ・そんなぁ »