« 一幅の絵 | トップページ | 富戸:ナライ陰 »

2005年9月15日 (木)

伊豆へ

14日 朝からシルバーさんに植木剪定の指示やらお茶だし、チクチク、三味線と、あっち行ったりこっち行ったり慌ただしかったが、更に夜、月明かりの下伊豆半島を南下。

zennyasai 潜友達の集まりに合流。

既に5人は13日から、本日2人合流で

計7人のジジババ・パーティー。

明日300本記念のK氏のお祝いも兼ねて、賑やかにしゃぶしゃぶを食べ、ビールを干す。

話題はもちろん海の話、そして散骨の話に夜は更けていく。

翌朝目覚めると、快晴の素晴らしい朝!

目の前に大島、右に利島、更に新島らしき島影が...

oosima tosima

レストランに下りてプールサイドから宿舎を見上げれば...ここはどこ?

xive 素晴らしい青空に、地中海のリゾートみたいでしょ。

ところが、この青空は1時間ほどの朝食の間にすっかり雲に覆われてしまい、風が強く吹いている...

こんなにも早く天気が変わってしまうのには驚いた。

海にも白波が...本日のダイビングが心配。

|

« 一幅の絵 | トップページ | 富戸:ナライ陰 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98850/5965168

この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆へ:

« 一幅の絵 | トップページ | 富戸:ナライ陰 »