« 今日はここ | トップページ | ススキの高原へ »

2005年9月19日 (月)

秋ね

夏物の片付けをする。

虫干ししてないので箪笥の引き出しなど開け放ち、せめて気持ち良い風を吸わせてあげよう。

単も多分もう着ないで袷の季節になってしまうと思い干してしまう...つもりだった。

でも着る! くやしいから着る!

昨日歌舞伎に着て行った塩澤紬は、干すだけで仕舞う予定でビーズの半襟を使い、なるべく肌に接しないようにした。

それなのに右の衿にうっすら汚れが...お風呂で首もゴシゴシ洗ったのにクッソー。

昨日は暑く汗をかいたし、電車で眠りこけた...原因はここだ。

昔の人はこんなのは汚れの内に入らないと言うだろうが、気になるとダメ。

くやしいから今週もう一度着てから「衿洗い」に出そう。

《今週の着物》

単:縮緬 蝋染めの縞

帯:博多帯 正倉院文様くずし

sima  simagara

. 

.昔、姐さん達がこんなの着てたなぁと懐かしく思い出す着物

.

.

.

  単:白地の塩澤紬(100亀甲) 

帯:紬のような名古屋帯(濱○屋で3年前に購入初おろし)

.siozawagara siozawa

.

.帯の柄は何だか分からないけど花みたいで可愛いので購入しながら仕舞いっぱなしなのよね、他にもある...。

|

« 今日はここ | トップページ | ススキの高原へ »

コメント

私の振袖届いたかしら?

投稿: キナコの子 | 2005年9月19日 (月) 19時02分

私も昨日襟を見たら、薄っすらと成っていたので、多めにベンジンをつけてトントンしました。
そしてパタパタ振って早く乾かせました。(と言っても何秒の違いだけどね)

すっきりしたみたい。

今日の袷は拷問でした。
炎天下で立っていたから。

投稿: 中ざくら | 2005年9月19日 (月) 23時35分

そうか、ベンジンという手があったわね。
たっぷり振り掛けるくらいにすると輪染みも出来ないというけど
衿洗いに出すことを考えりゃ安いものね。

化粧汚れならベンジンだけど、
単に汗なら水溶性だからベンジンより水よね。
でも塩澤には水は厳禁だ!

投稿: キナコ | 2005年9月20日 (火) 01時25分

前に大島(きもの祭り着用)をベンジンをたっぷり含ませて拭いたのに、取れなくて、水でトントンしたら綺麗に落ちました。

水が先か、ベンジンが先かを聞いたらベンジンが先で良かったそうです。
塩澤は水駄目よね・・・・

投稿: 中ざくら | 2005年9月20日 (火) 11時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98850/6013388

この記事へのトラックバック一覧です: 秋ね:

« 今日はここ | トップページ | ススキの高原へ »