« アサリのバター蒸し | トップページ | お食事会 »

2005年7月28日 (木)

我が家の常備菜

utuwa エノキダケの佃煮

これは娘に教えてもらったおかずで、我が家の常備菜となったもの。

醤油、酒、みりんで、またはつゆの素と酒で調味液を準備したらえのきだけをザクザク切って一緒に鍋に入れ10分ほど煮るだけ。

桃屋などの市販のビン詰めよりずっと美味い!簡単!安い!

我が家のお料理ポリシーにもかなっている。

色は市販のビン入りのより黒っぽくなるが、着色料も保存料も一切入らず安心。

冷めるとキノコの粘りで固まるが、食べるときにかき混ぜればオッケー。

エノキの他に椎茸入れたり舞茸入れたりしたが、シンプルにエノキだけの方が好き。

で、本題は器の方なのね。

この器、タイ製のパイナップル模様(どう見てもパイナップルに見えない...)シリーズのいろいろな種類の器の中から選んだ蓋物だが、なぁんとN女史のお宅にも同じものが!

そこで家にもあるのよ~と登場させました。

|

« アサリのバター蒸し | トップページ | お食事会 »

コメント

私は貝類もきのこも大好きです。
美味しそう~
やはりあさつきが効いているわね。

えのき茸好きなんですが、家族は歯にひっかかるといって、
余り食べないんですよ。
美味しいのにね。
作って見ますね。
瓶詰めは殆ど汁なんですって。

そうそうパイナップル柄かもしれないわね。
うちより大きいので、使い勝手が良いでしょね。
うちのは小さい~のよ。

投稿: 中ざくら | 2005年7月28日 (木) 10時53分

おいしそうですね。
さっそく作ってみます。

最近、我家になかった『あたり鉢』が猛烈に欲しくなりました。
理由は宮崎県名物、『冷汁』を作りたいからです。
購入したらボクのブログで発表しますね。

連日暑いですが、お体を大切に。

投稿: ことぶきあゆむ | 2005年7月29日 (金) 04時00分

冷汁...って宮崎県名物なのですか。
2,3年前新聞に載ってて“夏の暑い時はこれ”って言うので何回か作りました。私が作ったのは、アジの干物を焼いてほぐし、味噌、ゴマを入れてすりすりし、大葉、ワケギ等薬味をたっぷり入れて冷たいお水で延ばしてご飯にかける⇒お茶漬けの豪華版ってとこでしたが同じかな?

投稿: キナコ | 2005年7月29日 (金) 23時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98850/5188283

この記事へのトラックバック一覧です: 我が家の常備菜:

« アサリのバター蒸し | トップページ | お食事会 »