« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月30日 (木)

フグ三種

今回3種のフグが撮れた

私はハリセンボンの愛らしいウルウルの瞳が大好きだが

フグの仲間は大体目が可愛く愛嬌のある顔をしていて好きだ。

だがどれも恥ずかしがり屋でなかなか正面顔を撮らせてくれない。

ここで出遭ったフグの人間を恐れぬ(馬鹿にしてる?)態度には驚いた。

スジモヨウフグもサザナミフグも砂地で一休みなのか動かない。

sujimoyouhugu sazanami

                                                                                    

kokutennhugu

色鮮やかなのはないどころか、「おまえ 鏡を見たか?」と聞きたくなるような汚く薄汚れたような模様のもいる。

擬態をするにも自分の姿を見られないのにどうやって模様が出来たのだろうか?

海の中の生物には模様だけではなく色にも形にも驚かせられる。

それだけではない泳がない魚、仰向けになってる魚、逆立ちしてる魚、立ってる魚...生態にも驚くこといっぱいの海の中。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

石垣・西表アルバム

カメラ持って行く度に「もうやめよう...」と思う

上手な人のを見せられては、

自分の下手くそな写真の証拠隠滅の削除作業に高い電池を使い果たし

写真は中村征夫や舘石昭に任せておけばいいのよ...と、つぶやく。

そんなこんなでカメラは私にとってストレスの種子なのだ。

それなのに懲りずにまた持って行く...

akakukuri hanabirautubo kaeruuo kani

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月29日 (水)

ホントは苦手

ホントは苦手なパッチワーク

西部開拓時代の布を大切にするパッチワークはいざ知らず

わざわざ新しい布を小さく切り刻み、それを繋ぐなんてアホらしい。

第一私はカントリー調は苦手だ。

それなのに、なんでまたこんなのに手を出したのかと言うと...

シガラミなのよね、笧。(シガラミってこんな字なんだ)

仕事仲間だった岩○女史が今年から無職になり、本格的に始めたパッチワーク。

彼女はもともと好きで現職中も作品作りに励んでいたが

私はその仕事振りに感心するもやってみたいとは思わなかった。

彼女も私の性格・技能を知っているので無理強いはしなかった。

ところが今度は

「一度やってごらん、楽しいから。お茶もあるよ」と私の弱点をついてきた。

「始められるかどうか、お試しに簡単なのを2点やってみるわ」tikutiku_002m

  と、入会はせずに2つだけ製作してみることにしたのだ。

(本当はお茶とお菓子に惹かれて...)

作品第1号がこれ!⇒ ⇒ ⇒ ⇒

色柄選びも厄介で、迷う...決められず選んでもらう(やはり自分に合わない...)

柄を選んで4センチ四方の正方形を16枚切り、繋ぐ(やはり自分に合わない...)

繋ぐときも迷いながら...(やはり自分には合わない...)

迷いながらも、おしゃべりしながらチクチクチク、お茶飲んでチクチクチク...

何とか出来上がったのがこれ い~じゃ~ん♪ 使えそう。

次は第2弾(最終かも...)の手提げメッシュバッグ。

今度は少々難しそうで(初心者クラスの題材だけど)

正方形、三角形、平行四辺形(ひし形?)に小さく枚数多く切り刻んで作ります。(やっぱりまだ自分には合いそうもないな...)

ところで和のチクチク、吊るし雛に天敵あり!

tikutiku_003m これカボチャ...なんだけど、右のは無残にも食いちぎられている...

そうです 犯人(犯犬?)はトラ。

吊るし雛だけではなく、網ぐるみの猫達も狙われています。

見つけると「オレにくれ! くれ! 食わせてくれー!」と涎をたらさんばかりに鳴いてせびる。

うるさいのと危険なのとでトラの見えない所に匿まわねばなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月25日 (土)

あれは夢?

南の島から戻ったとたんに慌しい生活に突入!

hasi 昨日は東京湾をまたいで千葉へ

片道3時間の野暮用ドライブ。


eki 今日は東京は品川のホテルへ

来年の総会会場決めの下見相談に...。


アクアラインの人工物を目にし、都会の雑踏の中に自分がいると、

あの海と空だけを見ていたのがつい2,3日前なのに

まるで遥か彼方の出来事のよう。

misaki2 でも夢幻ではなかった証拠に島からの荷物が届いた。

カバーのビニルはずたずたになって

中2日どころか中4日もかかって届いた。

西表からは石垣以上に日数がかかるんだ。

月曜日は、また打ち合わせに茅場町へ行かねば...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月21日 (火)

最終日

出掛けた先では大概レンタカーを借りて走り回る。

0621-1 今回も3時間借りて石垣島の端から端まで縦断する。

で、走って走って行き着いたのが島の最北端平久保岬。

太陽が西に傾き始めているので日没をここで眺めたかったが、

返却までに夕飯も食わねばと戻る。

途中、伊原間の道端でパイナップルとマンゴーを買う。0621-2

ちっちゃくて緑色のとても美味しそうには見えないパイナップルだがこれが美味い!

大きいのと言っても普通果物屋で見る半分程度が200円だが、私は小さい100円のを5個買い、バッグに入れて持ち帰ることにした。(画像の胡椒と比較)

旅行に出掛けても土産物は買わない、荷物は持たない主義なのだが、今回はこれを持ち帰り食いたい!のだ。

返却時刻が迫ってきたので走る、走る。

0621-3 走りながら夕飯は石垣牛と決めた!

空港近くの風格ある構えの店に入り『30分で食べ終わるようにして!』と交渉(?)するとステーキ(炭火網焼き)ならと言うので、ヒレ150グラムそれにガーリックライスを注文。

店の人は急いで炭火をおこしてくれ、網が焼けてきたところで肉をのせる。

外側はこんがりのミディアムにして塩で食す...うまい!

ガーリックライスは牛肉もたっぷり入った石焼でうまい!

食べきれないのでホテルに持ち帰りお夜食にする←満腹になったのによ!

腹も満たし、ダイビングも楽しんだし、紫外線もたっぷり浴びた。

21日、羽田行きは石垣空港を飛び立ち羽田に直行と思ってたら

宮古島に給油のため寄港。

sora 石垣空港の滑走路が短いため満タンにすると飛び上がれず、宮古島で満タンにして羽田に向かうのだそうだ。

宮古島は沖縄で一番訪れている島で私には懐かしい所だ。

宮古島空港で宮古の空気を吸い、ブルーシールアイスを味わい、いよいよ羽田へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月20日 (月)

西表島へ

18日朝の便で那覇よりやってくるM女史と9時半に離島桟橋で落ち合う。

前日仕事を終えてから最終便で大雨の那覇に泊まりやって来るのだから、彼女も元気だ。

0620-1   西表島

・グッド★★★・・・2本

・ミスター★★★・・・3本

何処のショップも到着日に2本は無理と断られたが、遥々やって来たのに何とか2本!とM女史が諦めずに見つけたのがグッド★★★。

0620-2さすがリサーチのM女史!根性あります。

ガイドのⅠさんもステキだし西表の滑り出し快調。

カーチバイも石垣にいるときよりも静かになったと思うのだが海はどうだろうか...。

0620-312時半ピックアップでノコギリダイの大群のいるポイント、ニシキテグリを探す(見つけた!分かる?)ポイントを楽しむ。

M女史との宿はいつものシングル利用で気を使わず(何時も使ってるか?)金を使って贅沢空間独り占め。

0620-4 バストイレ付きのオーシャンビューの部屋にしたのに海は遠く(確かに海側だけどぉ)厚い雲の下は、私の見たかったエメラルドに輝く海じゃないよー。

2日目の朝の空...太陽光線だ!

どんどん「夏」になっていくのは分かるが、今日夏になって!、せめて最終日だけでも夏になって!と祈る。

0620-5 2日目の★★★は船が大きく、3人掛けのラダーでエントリー・エキジットが楽々でグッド!

驚いたのは1本あたりの時間の長いこと。

水深が深くないのだから長く潜れるのは当たり前だけど、普通のファンダイビングで85分も潜ってるんだから2本で3本分楽しめちゃう♪

西表で7本を予定してたのだが、2本で3本分楽しんだことと最終日は船の都合で1本減らし計5本で終了とする。

0620-6西表島の港...

車は駐車してるけど、誰もいない、

もちろん事務所も切符売り場もない。

耳を澄ましてもな~んにも聞こえない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月17日 (金)

まずは石垣島で

0617-1 石垣4日、西表3日の計7日間のダイビング楽しんできました!

例年ならもう梅雨明けなのに梅雨が明けず、お天気ニュースでは沖縄以外は晴れマークなのに沖縄だけ雨マーク...でもさらに南の石垣ではほとんど降らずまぁよしとしよう。

この時季のカーチバイ(南風)が強く吹き、状況としてはよくなかったが

海の中は静かで透明度良く、1月のパラオ以来のダイビングを楽しんだ。

石垣島で

0617-2 ・★-FREE ・・・・・5本 

・★★★ガーデン ・・・・・5本

3回目の石垣島だが、3月と12月でこの時季は初めて。

まだ石垣島ではマンタに遭遇していない私としては、是非ともお目にかかりたいものだが最近出現率が減っているとのこと。

0617-3 13日には出たと言うマンタスクランブルに2回挑戦するが、やっぱり2本ともダメ。

海峡はベストとは言えないのにさすが有名ポイント!

一番乗りの我々だけだったのにどんどん人が増えてマンスクランブル状態。

0617-4   近くに碇を落とす船もありガイドが抗議してたが

浮上してみると10艘近くの船、一つのポイントにこれじゃあねぇ。

多いときは30艘も集まるそうだが、考えるだけでも恐ろしいわ。

マンタには遭遇しなかったが、★★★ガーデンでSDCのKさんに遭遇!

もう70近いのに1日3本×7日=21本!元気だ。

0617-5 0617-6 ここのオーナー★領さんは20年ほど前に、老後の別荘にでもとこの土地を購入してたそうで、最近増えている都会人の島移住のハシリかも。その時はまさかダイビングショップをやるとは思ってもいなかったと言うが、趣味をこのような形にするなんてすばらしい。広ーい芝生の庭もいいが、この中庭と孫のためのブランコが気に入った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月14日 (火)

お出掛けの中継基地

0614-1 羽田発6時30分の石垣行き直行便に乗るために

なぁ~んと!5時過ぎに空港到着。

早朝5時は、車も人影もまばらで何時もの空港の姿じゃないのね。

普段「宵っ張りの朝寝坊」の毎日を過ごしている私だが

出かけるときは違うのよ~♪

前の晩の宵っ張りは変わらずだったけど、

4時の目覚ましのチリリ...だけで起きられた!

どうして空港に5時なのに4時起きで間に合うかって?

それはね、羽田に「中継基地」があるからなのよ。

0614-2 「中継基地」には送迎用の車、ペット預かりもあり、

前泊の施設及びまかない付きでとっても便利♪

これからもよろしくお願いしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月13日 (月)

総会&懇親会

潜水仲間の会★★★の老若男女(若はおらずばっかり)

北は北海道、南は岡山から総勢94名が集まっての総会&懇親会

70名の二次会、19名の三次会(品行方正な私はここで引き上げる)。

①このホテルの象徴シャンデリア

0613-1  この会の司会を担当するようになって3回目だが、何時も100名近くの集まりなので司会進行も楽じゃない。

だが堅苦しい集まりではないので、少々の失敗など気にせず笑って許してもらっちゃう。

前任者がプロのアナウンサーだったのだから初めから競争のしようがないものね。

気負わず気楽にやっているが、やはり進行に気をとられるので、せっかくのお食事を楽しんでいられないのが辛い。

②受付嬢というか...関所番というか...

0613-2 司会を担当してからメンバーには覚えてもらうようで「司会の・・・さん」とか「着物の・・・さん」と声を掛けてもらうようになった。

私が創立12年のこの会に入ってもう10年になるが、新年会と総会には着物で通している。

そうなると自分でもこだわって着て行くようになり、熱帯魚の織り柄の着物や、沖縄の紅型の着物等この会のためだけに購入したものもある。

③潜友達との情報交換も楽しく&うらやましい

0613-3 このアウトドアの会と着物とは全然結びつかず、初めは皆なんで着物?と言ってたが、十年も続けりゃ私の着物はもう定着したわね。

また着物で来る人も毎回一人、二人と現れるようになってきたことは嬉しい。

ところが今日の総会には一人もいなかった...寂しいわね。

まぁ 私は単に洋服が無いだけなのだが...。

④G島の大富豪Bさんと

0613-4 テレビを見てビックリ!BさんがG島の大富豪だって!

この会はメンバーの職歴などに触れないので本当にいろいろな方がいらっしゃる。

分かったところで何が変わるわけじゃないけど、「絵がうまいのね」とログブックを褒めたらイラストレーターだったり、病気のことに詳しいのが医者だったり、顎で使ってたオジサンが上場企業の会長だったり、会計のSさんが公認会計士だったり...面白い。

⑤G島に行くからね!と

0613-5 メンバーの平均年齢は...

還暦を超えているのだ!

でも若い!タフ!行動的!

並みの年寄りじゃないわね、バケモノよ。

まぁ私の明日からの行動も並じゃないと思われているようだけどね。

それでは9日間のお休みで~す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月11日 (土)

明日のために

明日のお天気が心配で 2枚の着物で考えてみました。

本塩沢の蚊絣で

単の枚数は少ないが、この着物が一番活躍している。

遠目には無地のように見える小さな絣、汚れ対策にパールトーンしてます。

0611-1 0611-2 0611-3                               


雨の時用 ポリの単で

0611-4 0611-5 帯もポリを締めた方がよいだろう

帯揚げや帯締めも夏物で揃えてみた。

どうやら明日は雨にはならないようだが、

どれで行こうかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空いた時間に庭を眺むる

ホントなら今頃銀座なんだけど...

ぽっかり出来た空き時間。

昨日の雨に洗われた庭のアジサイを眺める(ご隠居の気分)

白  ピンク 紫 ...色の変化だけではなく

どうやら種類が違うようだが分からない。

とにかくアジサイだ。

0611-ajisai-1 0611-ajisai-2 0611-ajisai-3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冷蔵庫の片付け

0611-reizouko-1 いつもの事だが 出掛ける時は冷蔵庫の片付け

夕べの夕食テーマは

「みんな油で揚げちゃおう」

かぼちゃ、ブロッコリー、アスパラガス

とりモモの竜田揚げ、烏賊ゲソの唐揚げ

たっぷりの大根おろしに生姜の薬味

今晩の片付けもあるのだけど多分外で食べるしな...

明日も外だし...どうしよう。

牛乳はワンコと一緒にみんな飲んじゃおう。

糠味噌はラップで密着蓋をして冷蔵庫へ。(10日間がんばってね)

※※北海道からの朝穫りアスパラガス※※ (その日に届く流通革命!)

H牧場のYちゃんから またまた大量のアスパラが届く。

生で食べても甘く美味しいのを、早速ゆでる。

いつも友達に分けたりしてすぐに食べちゃうのだが

今回は届けにも行ってられないので、残りは小分けにして冷凍庫へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月10日 (金)

看板娘?犬?

0610-1 雨の中の長距離ドライブだと

道楽なんて気楽なものじゃないわね。

横浜を抜け快調にアクアライン⇒

360度灰色の海ほたるへ

いつものことだけど高すぎる通行料!

スタートは降っていなかったけれどだんだん雨粒が大粒に...

車は雨の千葉県へ

0610-2 よかった 雨は降っていない。

千葉は さる土地で。

ん?

あれはなんだ!?

弾丸のように走り来るものが...

ピタッと止まった看板の下

アラ~♪

絵になるじゃないの

0610-3 看板娘...じゃない

看板犬ね。

可っ愛い~!

今日のお出掛けで大きなお荷物の片付けが済みました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

忙中閑つくる!

閑な隠居のはずなのにメチャクチャ忙しい一週間

6日(月)…ゲストティーチャー(変な日本語だ)、倶楽部
7日(火)…調停、新宿で総会の打合せ、夜いつもの会
8日(水)…霞ヶ関で裁判傍聴、三味線お稽古、お食事
9日(木)…ちくちく(和)、チクチク(洋)、お茶のお稽古
10日(金)…車で千葉、錦糸町、羽田、倶楽部

あっちの県、こっちの県、東京湾跨いだ県...目が回る忙しさ。

0610-bou-1 0610-bou-2 0610-bou-3

11日(土)もお稽古、どうなるか分からない銀座
12日(日)…新宿で総会(司会)、二次会、三次会?
13日(月)…クリニック、市の男女共同参画ナンとやら、羽田前泊

でもこのあとは南の島だーーー♪

ところで...

忙中閑あり じゃない 閑はつくるのだ!

0610-bou-4 0610-bou-5 0610-bou-6 7日の総会打ち合わせはまだまだ明るい3時から。

同じ場所で夕食&飲み会。明かりが灯る黄昏時。

潜友との語りは尽きず、いつの間にかテーブルにはキャンドルが...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 8日 (水)

作ったわよ♪

0608 いかが?ステキでしょ?

この黒い板は、N女史と出かけた骨董市で買った型染め板(500円也!)

穴をあけ、家に吊るしてた葡萄蔓の飾り篭を取りつけただけ。

もう一枚あるけど、これは何にしようかなぁと思案中。

ほかに障子の桟等も、柿渋の型染め紙も、加工を待ってる材料いろいろあり...。

それにしても、何も加工していない全く同じ染め板が一枚3500円!で★★で売られていたことには驚いたが、古道具屋なんてそんなものかもね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年6月 7日 (火)

そろそろ仕度を

来週出かける南の島への旅支度

昨日メンテから戻った器材とバッグを広げ、旅への高揚感を味わう。

ま、そんな大層な気はないが、

200566_002n_thumb 7日8日は朝から忙しくて9日発送なので確認しながら広げてみました。

これらのお道具がないと海の中では遊べないし、

具合が悪けりゃ命取りになる大事な大事なお道具。

それがメンテで「BCは修理不能」となって戻ってきた。

具合の悪いところは、①水が溜まりやすくなった ②干しているとエアーが抜ける ③インフレーターのつなぎ目から水が滲みだす...。

Sプロの説明では「この部分の接合は出来ないが、使用するのには支障がない」とのことなので、水中でエア漏れがないか確認しながら使ってみよう。

0607-2恐る恐る使うのも精神的によくないが、単にBCを買い換えれば済むわけにいかず、レギュやオクトパス、買ったばかりのハンマーホーンにも影響するのだからね...どうしてダイビング器材はどれもコレも高いのだ!

無職無収入の身でありながら、ゴルフ(時たまよ)、ダイビング(年に数回よ)、着物(もうあまり買わないよ)と、私はどうも金のかかる遊びが多いなぁとつくづく思います。

だからと言って、減らそう、止めようとは思わぬところが困ったものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 6日 (月)

テスト

どうも画像と文との関係が分からないときが...

それから100ピクセルのデフォルトと画像処理して載せてるのとの違いは?

処理してデフォルト100ピクセルの画像テストと処理せずに100ピクセル再テスト。

な~んだ 同じじゃん。画像処理する手間不要ってことね。
(でもこの後娘にミッチリ教わって『違う』ということが分ったような・・・気がする)

でも文との関係が分からない。

離しても、離しても、画像と文がくっついちゃったり、段差が出来たり...分からないよー!

0606-1 《今度のお稽古に》

・着物・・・薄い単(紗にも見える)、これポリです。

何だか天気予報(うそつき)では雨のようなこと言ってるので

濡れてもいいようにポリの着物。(先日の閑なときに洗ったもの)

・帯・・・木綿のような全通の帯、柄は織りで菖蒲か杜若

裏が地の黄色とは補色関係の水色、大胆よね。

※雨のときの履物も欲しい。

これで画像の大きさについては少し分かったわ。

ちなみにコレはいつもの画像処理で70パーセント

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お野菜出来上がり

0606-yasai カブ、大根、茄子の3種が出来ました。

先ずはザルに入れて玄関にさりげなく

且つ目立つように飾りましょ~♪

画像でみると結構アラが見えるのだけど、

見えないことにして...。

それにしても茄子がボコボコしてる...ように見えるが、画像のせいよ!←作者注

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 5日 (日)

好きな紋様

0605-1 好きなのはいろいろあるが

波や水の流れが好き、

それも静かなものではなく

荒れ狂う怒涛、激流の類の紋様が好きだ。

これはちりめんの染め名古屋帯。

なんと!

娘からの贈り物である。

波の形といい、色といい、好みだ。

着物でもこのような紋様をまとってみたい。

しかし、今物の着物ではなかなか気に入るものがなく

アンティークモール等で古着の中から見つけたもの2点。

どちらも盛夏用の絽で柄も色も気に入っているのだが...、

小さい、穴あり、染めむらありで、このまま着用は出来ない。

でも柄が好きで、ダメなら暖簾の素材でもいいや!と、購入。

洗い張り仕立直しをして着物か羽織にしたいのだが...まだ眺めているだけ...。

(暖簾に、うそつきに、バッグに、素材は沢山たまってる...)

(濃紺に青い波、その下は縦絽で紫に灰青の流れなのに画像で再現できず)

0605-2 0605-3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年6月 4日 (土)

選択に迷ったその時は...

目には自信あった。

現在も視力は1.5、悪くても1.2、良ければ(勘が)2.0!

しかし、いつの間にか老眼鏡の世話になり、もう必需品。

老眼鏡が手元に無いときは...「目が不自由なもので...」と、障害者になります。

ベッドサイドに、居間に、バッグに、車に、元職場の引き出し(今、裁縫箱)に、

旅行用に携帯の2個、といくつもの老眼鏡を置いて暮らしている。

しかし、寄る年波か、度が進んで今までの老眼鏡ではなんか見にくくなってきた。

一度に全部取り替えるには経済的事情が許さず

常に使う3個を、それもレンズだけを取り替えた。←あぁビンボーは嫌!

あらら... そんな事情を書くつもりはなかったの。

0604-1 実はコレ、先日T女史が京都土産よ~♪とくれたものの一つ、眼鏡ケース(正確には老眼鏡ケース)。

老眼鏡が手放せない私のことをよぉく知っているからねぇ。

振るっているのは、土産のことではなく土産の渡し方なの。

「どっちが好き?」と、彼女は2つの眼鏡ケースを並べた。

自分にも欲しかったので、気に入ったのを2つ選んだがどちらも好きで選べない。

だから私に選ばせて、残った方を自分用にするのだと。

私も迷ったが...右の品に手を伸ばす。

すると彼女の目には一瞬「う、それを取るのか」と語る光が走った。

すかさずもう一方の品に手を伸ばすと「コ、コレも惜しい」と。

結局どっちもいいのよね。

「年上だからコノ地味な方にするわ、若い貴女はコレ」と決めてやりました。

どちらを選ぶか迷うことってあるのよね。

こんな決め方もいいかもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気象予報士め!

0604-kisyou-1 何が大雨よー

何がお昼から雷雨で荒れるのよー

全然当たってないじゃないのよー

出掛ける予定を変更したのに

これなら昨日も今日も十分出掛けられたじゃないの!

こういうのって責任取らないのかね?

テレビの天気予報の時間に

「はずれて申し訳ございませんでした」と謝るとか

名前の横に予報外れの確率○○%と表示をするとか

自分が出した予報には責任持たせないといけないよ、ね!

そんなこんなで昨日も今日も無為に時間を過ごす。

ダラ~ッと過ごしていると時間が経つのって早い!速い!

もう夕方の時間じゃありませんか。

想えば無職になってのこの一年も早かった。

家を片付ける、スッキリさせると思いながら何をしたでもなく過ぎてしまった。

閑になったらアレをしよう、コレをしよう、と思っていたのに

何をしたかったのかすらぼやけてしまうダラダラ生活。

この先何年生きるのか、老い先短い人生なのだ。

身体が元気に動くのも何時までか、

1月に倒れた友人K子さんのことも人事じゃない。

明日は吾が身なのだ。

0604-kisyou-2 指標をもって生活をせねば!

ん?ん?なぜ天気からこんな話に?

お天気が外れるからじゃないのー

以上全然反省してない我が生活でした。

それに引き換え植物は偉い!健気に生きてる!

サトイモの葉にお勝手の水が飛び、水玉が出来てる。

0604-kisyou-3 0604-kisyou-4
サツマイモも可愛い葉を広げ始めた。

庭のアジサイも色づき始めた。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年6月 1日 (水)

仲間入り

0601-1 お待たせしました(誰も待ってないか...)

大変時間がかかりましたが、や~っと兄弟が増えました。

「ブチ」の挨拶です。

アニサン アネサン 

手前はずーっと編みかけのままを

やっと編んでもらったブチと申しやす

0601-2 本日より兄弟としての杯をいただきとうござんす。

お若いのになかなかの口上ねぇ

杯はないが、煮干ならあるぜ 

ホラ 食いねぇ

テメェ 若いのにデカイな

挨拶はその辺で...う、う、痺れが...

挨拶済んだら~仲良し兄弟よ~♪

0601-3 この後も続々兄弟誕生の予定なのだが...難産です。

...その内に増えるでしょう。

材料はあるのよね、あとはやる気のみ!

 ※何だか耳がだんだん丸みを帯びてる...猫じゃなくなりそう...編み方変えてみるかな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »