« 骨董市へ | トップページ | いいお天気 洗濯日和 »

2005年5月21日 (土)

着物で遊悠に参加

0521-1 今日、第3土曜日は厚木の会

骨董市から帰宅し、購入品を干し、急いで着替えて6時、厚木に向かう。

時間が遅いので二次会へ直行するも、まだお料理が運ばれておらず、皆さん到着したばかりみたいで間に合った。

参加者は8名(♂2名、♀6名)、平均年齢は...高いな。

今回は何処を歩き、何処へ寄ったのかなど聞きもしないで運ばれたお料理を口へ。

京料理の看板だけど、なんだかどれも家庭料理のような今一のお味。

0521-2 でも、楽しく着物談義は続き、次回6月の予定の話になったが、私が参加できないことを伝えると、6月の二次会会場リサーチの視察をしようってことに。(こういう話は断れないのよねぇ~私)

★本日の着物★

・着物…3年ほど前、丈裄とも短いので悩んだが、このネオンテトラのような着物に惹かれて洗い張り仕立て直した、光物のマジョリカお召し。丈が出ず胴接ぎをしたが、コレが下手くそでたっぷり20cm以上もあってお端折りを工夫してもおくみの所で少し三角に覗く...金出した意味無いじゃん。仕立てたたちばなやさんに見せておく。

・帯…購入して5年は仕舞いっぱなしの初おろし。表は黒地に白い松葉を全面に散らせた(全通ね)もので、今日は裏(リバーシブルだけどね)の銀地に石畳か網代のような柄の織りの名古屋帯。

0521-3 帯揚げ、帯締めは効かせ色にターコイズブルーを選んだがどうかしら?半襟はレースの木綿襦袢(コレが爽やかで気持ちよい)。

問題の胴接ぎ

胴接ぎは、出して10cmというのにこの長さ!

腰紐をう~んと高い位置で結ぶのも大変

クレーム出せばいいのだけど仕上がってから時間が経ちすぎているのよね...

0521-4 教訓:仕上がった着物は羽織るだけじゃ駄目!きちんと着てチェックすべし!

仕上がって数年放っておいた色大島も洗い張りそのものが変で沢山の皺がある...気づいたのが遅い。悔しい。失敗も山ほどある着物道楽です。

|

« 骨董市へ | トップページ | いいお天気 洗濯日和 »

コメント

おはようございます♪

この着物の胴剥ぎは、去年の夏に宮古上布をOくらぶで胴剥ぎしてもらったのと同じ長さです。

見てみて笑っちゃいますね。
間が抜けているというか、可笑しいと思わないのでしょうか?

私は着る日(de銀座)が決まっていたので、直ぐに遣り直しをしてもらいました。
暑いさなかTさんが汗かきかき最寄駅まで取りに来てくれた事を、思い出します。

私は日がたっていても、遣り直して貰いますよ。
キナコさんって小心なんですね。(見えないけれど・・・)
たちばなやさん、見て何と言われましたか?

投稿: 中ざくら | 2005年5月23日 (月) 07時07分

知らなかったんですか?
私って気が小さくて、気弱だから何時もおどおどしているでしょ?
受け取ってすぐなら言えるけど(おたすけみたいに)、何年も経ってちゃ言えないわよ~。
たちばなやさんには見せて説明もしたけど、向こうから直すとは言わなんだ...。(良心的じゃないな)
「友達に、直してくれるはずよ、と言われたけどやってくれる?」
と、言ってみよう。

投稿: キナコ | 2005年5月23日 (月) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98850/4227479

この記事へのトラックバック一覧です: 着物で遊悠に参加:

« 骨董市へ | トップページ | いいお天気 洗濯日和 »