« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月31日 (火)

行っくぞ~♪

昨日今日のこの寒さは何だ!

着る物が無くある物重ね着して、ソックスも履いて寒さに耐えている。

0531-1 でも、でも、再来週は南の島だよ~♪

JALのマイレージが貯まっているので往復の飛行機代ただ!

国内往復15000ポイントを有効に使うべく飛行機は乗り継ぎをせず直行便を利用する。

こちらの都合よい日で探すより

空席状況で行ける日と便を決め、

帰る日を決める...(無職の強み)

0531-2 ×の印が多くなかなか無いのよね。

仕方ないので1日伸ばしに空席を探す。

3泊4日のつもりが段々延びて

なんとまぁ 7泊8日の行程になってしまった。

直行便を利用しなけりゃ...

ポイントを惜しまず那覇経由にすりゃ...

3泊4日でも4泊5日でもオッケーだったのに

0531-3 直行便利用で8泊分の宿泊費、ダイビング費用&滞在費用...ああぁ。

ポイント数と余分にかかる費用を秤に掛けりゃ...出し惜しみの大出費。

ビンボー人は、目先のポイント数を惜しみ、マクロにしか物を考えられないから困る。

でも考えてみれば、国内の小さな島に7泊もなかなか滞在しないじゃないの。

いいチャンスよ、楽しもう♪

0531-4 0531-5 0531-6 そんなわけで石○島に行くことになり、

せっかくなら船で2時間ほどの西○島にも足を伸ばし3泊する。

途中、西○女史が西○島で合流(彼女は仕事を終えてから夜便で那覇に前泊し、早朝便で石○入りする女傑)し、2泊3日を共にする。

ペンションには「二人でも仲悪いから別々シングル2部屋確保ね」といつもの贅沢我侭お気楽ツアー。

来週中ごろには荷造りして発送をせねば天候により届くか不安な離島。

気象情報は見てないけど(見たって行くんだし)梅雨明けもどうなのかな...?

それにしても日焼け止め沢山持っていかなきゃ真っ黒け、

塗りたくったって効果うすい紫外線たっぷりの南の島だからね...諦めよう。

※画像は今年1月のパラオ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年5月30日 (月)

こんなの見たことある?

客人と海へ⇒港⇒魚市場へ土産を買いに寄った。

干物は好きである。

うまい!簡単!私の食い物ポリシーに合致している。

0530-1 定番アジの干物、金目の干物を物色していると

見たこともない こんなのを発見!

長さ30cmほどの平べったい骨だけのような物体。

ボールペンと比較して見て。

これ太刀魚の子の干物だって。

「オジサン これ何処を食べるの?」

と、こちらがオバサンなのにも拘らず “オジサン...”と問いかける。

「何処って全部だよ、丸ごと」

「太刀魚じゃ骨硬いじゃないの」

「これ若いの、赤ちゃん、骨は柔らかく全部食べられるの」

と、こちらが歳くっていて硬く喰えねぇとでも言うように答えた。

骨も丸ごと食える=カルシウムたっぷり採れる!⇒買う

夕食のメインのおかずには到底ならないが、

0530-2 先ずは 一匹を素揚げにしてみた。

それがこれ。

オジサンの言う通り、骨は気にならず丸ごと食える。(頭も食べられるようだがトラに分ける⇒喜んだ=うまいんだな)

味もよい!だが少々塩気が強い。(次回行くときがあったら、もっと控えるように言ってやろう)

ご飯のおかずより、お酒のつまみに良い一品である。

一片を口に入れ、客人との語らいを思い出しながら噛み締める。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月29日 (日)

客人 遠方より来る

0529-1 と、いうわけで

「そうだ富士山に行こう!」と出かけました。

もちろん おにぎりと冷凍していたヒレカツを揚げたありあわせランチを持って。

コンビニ弁当だっていいわけだけど

やっぱ おにぎりは手作りよ~♪

弁当さえ持っていれば、どんな山奥だって腹が減ったら広げりゃいいでしょ。

食べる所がないか探す手間不要、

今日は日曜日なので渋滞にはまっても大丈夫。

富士山に向かって快調に走るも

やはり厚い雲のベールに包まれて富士山の姿は裾だけ...。

0529-2 よおぉし 忍野八海だぁ!目的地変更。

到着したが、ぞろぞろ観光客の多さにびっくり。

とてもじゃないがここで弁当広げてられないよぉ。

山中湖へ移動!

湖を眺めながらゆっくりおにぎりを頬張る...美味い!

そうだよね、腹減ってるんだもの何でも美味いよ。

湖面を渡る爽やかな風もいつしか強風となり

荷物を飛ばされぬ内に車に戻って、今度は海を目指す。

何時ものことだけど今日もよく走り回った。

心配なのは、客人を疲れさせてしまったのではないかしらん...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月28日 (土)

視察の会

0528-1 6月の集まりの会場視察

私は欠席するので視察と称したお食事会なのね。

会場は大○倶楽部だが、集合場所を★★にして4人で集まる。

まずは★★であれこれ見て、見るだけだったのに買っちゃった...。

「食事のお金が無くなっちゃう、お冷だけにするの」と言いながら...お馬鹿です。

で、これ以上の出費をせぬよう切り上げて会場に向かう。

0528-2道は狭く、コチョコチョ曲がり、絶対に口では道案内できそうもない所。

やっとたどり着いたそこは、2軒分の古建築物を解体して建てたというレトロな雰囲気の贅沢な空間。

ここで米沢牛のステーキをお箸で味わう「牛オイル焼き御膳」を食す。

土曜日だというのに、2階の席は我等だけの貸し切り状態の中で大いに語り笑い転げ、あっという間の3時間。

帰宅し、鏡を見ればくっきり笑いジワ...誰が責任取ってくれるの?

0528-3 《本日の着物》

・単の本塩沢の蚊絣(黒地に白)

・正倉院模様写しの博多帯←今から思えば...ワインに酔った弾みで伊勢丹の展示会で買ってしまった○森草木染工房の、博多帯にしては高額な博多帯(素面なら買わないよぉ)。キュッキュッと特徴ある衣擦れと締まりは小気味よいのだが、椅子に腰掛けるとお太鼓はペッタンコ。形良く戻らないのが困ったものです。

※高○さんの久留米絣はT女史が迷っていたあの海老と同じ!だが仕立て上がっているのを購入だそうだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年5月26日 (木)

またもや飯の話

先日の中華風おこわを作って松の実が残ってる、

ゴボウが残ってる、

生姜が残ってる...

それなのに金曜土曜とも外でお食事会。

生姜、松の実はともかくゴボウは日が経つと美味しくなくなる。

否、味が落ちることを心配するより、

我が家はそんな無駄なことはしていられない経済状態なのだ。

ゴボウを無駄にしてはいけない!今晩使おう!と決め、

前に「おしゃべりクッキング」で見て作って好評だった「月見牛丼」にする。

材料は冷凍庫の牛ひき肉と松の実、ゴボウ、玉葱、シメジ、万能ネギ。

材料はそろった。

0526-1 私が作るのは、美味しいというだけじゃ駄目。

簡単に作れることが第一条件。

この月見牛丼はその二つをクリアしており、お勧め。

一つ問題は、レシピ通りに作る律儀さが私にないこと。

レシピは一応頭に入れ(入ったか?)、テキトーにつくる。

テキトーとは「適」に「当」、適格に当てる...いい言葉じゃないか。

でも、テキトーに作るので味の再現性に欠けるのが欠点。

しか~し、今回も大変よく出来ました。(花丸)

この牛丼は結構味も濃く動物性蛋白質とれるので、

あっさり澄まし汁に冷奴に漬物でもあれば十分。

あ、忘れちゃいけないのが卵黄!

これがなくちゃ「月見」にならないし、こくが出ない。

奮発して美味しい卵を用意しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月25日 (水)

幸せは何処に...?

去年(今もか?)、幸せを運ぶ植物とか言って

ワイルドストロベリーが花屋の店頭に並んだのをご存知か?

今、同じ花屋に行っても何処にも見当たらないが...

あれも一時の流行りものだったのかもね。

地味な見かけなのに結構高く、“豊の香”などの普通のイチゴより値が張った。

でも幸薄い私は「幸せを運ぶ」のうたい文句に惹かれ買ってしまった。

家の中に飾るほど見栄えがいいわけじゃないので

0525-1 ベランダに置いておき、その内に生ってたはずの赤い小さなイチゴも

何時の間にかなくなり、幸せを運んだ形跡もないままただの草になってしまった...。

でも、枯れずに元気なので庭の椿の木の下に植えた。

その後、その存在すらも忘れて放っていた。

本日、水仙など春の花の処分を始め、

椿の下の枯れた水仙の葉を持ち上げると

ぬあぁ~んと! 赤い小さなイチゴがぽろぽろ姿をあらわした!

直径1㎝か大きいのでせいぜい2㎝ほどのちっちゃなイチゴ。

食べられると言ってたので口にすると

0525-2 甘酸っぱく、果物屋で売られているイチゴより薫り高い。

5,6粒一緒に口に入れ味わう...濃厚な味香り。

これでジャム(絶品だって)を作るとも言ってたが何しろ数が少ない。

冷凍しながら数が貯まるのを待つほど株がない...1株だもん。

で、全部生で味わう...美味しい...小さなシアワセ...駄目駄目!

これが「運んできた幸せ」なんかじゃないだろ?

もっとでっかいHAPPYを運んできてくれぇー!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年5月24日 (火)

中華風おこわ 成功!

0524-1 「中華風ちまき」を作りたいというリクエストに

本格的ちまき⇒炊飯器で作る簡単でちまきっぽいもの⇒中華風おこわ、

と、イメージは段々簡素化されたが、

そのレシピを適当に考え教えてしまった。

インターネットでレシピはいくらでも検索できるのだが

そんなことするほどマメじゃないし、

それをするくらいなら私なんぞに尋ねないだろう。

きっとこう作ればそれらしく食べられるんじゃないの...程度で、

簡単に作るレシピを教えたのだ。

教えてしまった責任上、実際に作れ食べられる代物か、

我が家の夕飯で実験してみることにした。

ご飯は白米ともち米半々にしてもっちり感を味わえるように。

0524-2 焼き豚、竹の子、干ししいたけ、ごぼう、天津甘栗、松の実の具を、

生姜とネギの香りを出したごま油で炒め、

醤油で味付けして炊飯器へ入れスイッチON。

炊き上がったら全体にごま油を少々まわしかけよく混ぜ蒸らす。

10分経ったら...

中華風おこわの完成でーす。

一人盛りより大きな器にどーんと盛ったほうがいいわね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年5月23日 (月)

本日、グチールの会

本日18時より、昔の仕事仲間(現在各方面で活躍中)の情報交換の場「グチールの会」

剱○、藤○、小○○、大○○、磯○、高○、私の7人が集まった。

珍しくフルメンバーがそろった。

0523-1 0523-2 0523-3                 


仕事帰りが多く、

まずは腹ごしらえ 食べる、食べる、食べる!

0523-4 メニューの片端から注文する。

飲み物は一人を除いてみんな車。

このご時世、飲んで乗るわけには行かない。

ビールは一人で、あとはノンアルコールのビール(美味くないよ) 、ウーロン茶で食うことに専念。

ここで小○○さんのさるボランティア活動立ち上げの一員にと誘われる。

でも活動日が土曜日なのでは...と渋っていると

大丈夫なときはやれるようメンバー登録をしてね→→「はい」と返事しちゃった。

剱○さんからもあるのよね...声を掛けられるのは嬉しいけど

もう、毎日8時間の仕事は無理な身体になってしまったのよね。

返事は今週中にすることとなった。

ゆっくり考えよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いいお天気 洗濯日和

0523-senntaku-1 朝からいいお天気♪

あずけられたリリ(トラの母)と一緒に日向ぼっこ

よく見たらトラが最近見つけたお気に入りの2段目の棚はリリが占拠。

トラはおとなしく縁台の上で寝転ぶ。

そうだ洗濯日和のついでにトラ達を洗濯しちゃおう!

トラもリリもシャンプー(お風呂)大好きで

浴槽(洗面台)の中で居眠りをする。

0523-senntaku-2 いつかその写真も撮りたいのだが何時も気づかれてしまう。

...お風呂好きはジョイ(柴18歳)も同じなのだが、

シャンプーをすることができなくなった...。

目、耳、鼻が駄目になって怯えるので

もっと暑くなって水で洗っても大丈夫になったら洗うことにしよう。(臭い!)

0523-senntaku-3 0523-senntaku-4 ベランダのサフィニアも大きくなった

立派に咲いています!

0523-senntaku-5 あのサトイモも立派!偉い!健気!

こんなに高く伸びました。


0523-senntaku-6 隣のサツマイモが全然変化しないので

腐ってしまったのかと思ったら

なんと!

可愛い芽が出ているじゃありませんか。

今日も一日 平和に暮れていく...

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年5月21日 (土)

着物で遊悠に参加

0521-1 今日、第3土曜日は厚木の会

骨董市から帰宅し、購入品を干し、急いで着替えて6時、厚木に向かう。

時間が遅いので二次会へ直行するも、まだお料理が運ばれておらず、皆さん到着したばかりみたいで間に合った。

参加者は8名(♂2名、♀6名)、平均年齢は...高いな。

今回は何処を歩き、何処へ寄ったのかなど聞きもしないで運ばれたお料理を口へ。

京料理の看板だけど、なんだかどれも家庭料理のような今一のお味。

0521-2 でも、楽しく着物談義は続き、次回6月の予定の話になったが、私が参加できないことを伝えると、6月の二次会会場リサーチの視察をしようってことに。(こういう話は断れないのよねぇ~私)

★本日の着物★

・着物…3年ほど前、丈裄とも短いので悩んだが、このネオンテトラのような着物に惹かれて洗い張り仕立て直した、光物のマジョリカお召し。丈が出ず胴接ぎをしたが、コレが下手くそでたっぷり20cm以上もあってお端折りを工夫してもおくみの所で少し三角に覗く...金出した意味無いじゃん。仕立てたたちばなやさんに見せておく。

・帯…購入して5年は仕舞いっぱなしの初おろし。表は黒地に白い松葉を全面に散らせた(全通ね)もので、今日は裏(リバーシブルだけどね)の銀地に石畳か網代のような柄の織りの名古屋帯。

0521-3 帯揚げ、帯締めは効かせ色にターコイズブルーを選んだがどうかしら?半襟はレースの木綿襦袢(コレが爽やかで気持ちよい)。

問題の胴接ぎ

胴接ぎは、出して10cmというのにこの長さ!

腰紐をう~んと高い位置で結ぶのも大変

クレーム出せばいいのだけど仕上がってから時間が経ちすぎているのよね...

0521-4 教訓:仕上がった着物は羽織るだけじゃ駄目!きちんと着てチェックすべし!

仕上がって数年放っておいた色大島も洗い張りそのものが変で沢山の皺がある...気づいたのが遅い。悔しい。失敗も山ほどある着物道楽です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

骨董市へ

0521-kottou-1 5月21日(土)晴れ

今まで行ってみたいがなかなか機会が無かった大和骨董市へ行ってきた。

常連T女史の「7時には行ってなきゃ」の言葉に刺激され、朝早く、はるばるやってきた骨董市。

8時前に到着した東京からのN女史に、9時前到着の私(急行が各駅停車するんだもの!)が合流しても肝心のT女史が居らず、電話すると「行かな~い」のお言葉。

指南役はいないが、二人であちこち冷やかし、店番代理(?)を楽しみながら

0521-kottou-2 先ずはN女史が素晴らしい手触りの龍郷のアンサンブルを手に入れた。

次いで私が、ウールだけど柄が素敵(バッグにでも)な500円の着物を手に入れ、その後、飾り物になりそうな男児のお宮参りの掛け布を500円、珍しい絽目が格子の男の黒羽織200円、ウールの羽織、染め板、染め型紙、端切れ等を手に入れる。

まるで夏のような日差しの下、大勢の客を掻き分け掻き分け、あれこれ品定めしつつあっちの店こっちの店と渡り歩く。

「これ 本当に売るの?」と聞きたくなるごみのようなガラクタがあったり、店主もいろいろ個性的な方が多く話をしているだけでも面白い。

それにしても、古着(古布?)で作った洋服(コレは私には絶対似合わない)を着ているオバサンが多いのには驚いた。

0521-kottou-3 その方達が、ゴミのような木綿や麻に高いお金を払っていたが、自分だけの!売ってはいない!世界で唯1枚の衣服を作って楽しんでいる...これも道楽ね。

私も創作意欲はあり、素材もいろいろ集めて、解いたり洗ったりして製作の準備も万端整っているが、肝心の気力が十分でなく実行できていない...。

帰宅してから家の外に羽織など買ってきたものを全部つるし、まずは日光消毒。

どうするかこれから考えよう。(考えなきゃいけないのはまだ一杯あるよぉぉぉ)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年5月20日 (金)

切符一枚のために

0520-1 5月20日(金)のお出かけ

回数券が一枚残っていた。

見ると21日で無効になってしまう!

「なぁんともったいない!」と出かけることにした。

◎昼・・・N女史に、某デパートの伝統展にもう一度行かな~い?と声をかけた。

すると!なんと!2回目ではなく、連日通いの3回目だという!

おまけに、友達を訪問する約束があったのに時間を変更してまで付き合ってくれる人の良さ!

ランチにデザート、更に紅茶は3回のお代わりをいただきながらお喋り。

3時半でN女史はお友達の訪問へ、私は伝統工芸展会場へ。

欲しいなぁと憧れるぶどう蔓のバッグや竹のバッグを眺めたり...、お値段にため息ついたり...、色々な職人さんの仕事振りを眺めたり...、苦労話を聞いたり...しているうちに5時。

◎夜…石垣島、西表島で合流するM女史とディナー

ほんとに小さなお店だが美味しいものを食べさせてくれ、これで4度目。

メニューに載っているもの全部制覇してみたい!と

今日のコースは、フォアグラと筍のソテー(取り合わせに驚いたが最高!)、

牛のほほ肉の赤ワイン煮込みをチョイスして堪能す。

話題はもちろん西表のこと。

良い天気、良い海況に恵まれることを祈る♪

0520-2 ☆本日の着物

・袷の着納めに選んだ本塩沢は、塩沢のSさんの手織り。

・帯は6年ほど前に購入、綴じ糸もつけたまま仕舞いっぱなしになっていた染めの名古屋帯。大小の筆が描かれた柄が気に入って買ったものの締める機会がなく今日が初おろし。しかし締めてがっかり...正絹なのにやけにペラペラしていて帯芯となじまず撚れる。二部式の帯に改造して帯芯も替えてみようかしら。

※本日の出費

「もったいない」と、2700円ほどの切符のために、タクシー660円、ランチ3000円、ディナー5500円、小休止のお茶840円、電車代160円×2+1700円をかけたお出掛けでした。

でも楽しさ2倍の一日でした♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年5月19日 (木)

今日のお稽古に

0519-1 5月19日(木)

汗ばむような陽気に単でそろえてみた。

・着物は母が遺した紺色の杉綾模様の紬

・帯は白い紬地に藍色でオリエンタルな絵を描いた名古屋帯

それなのに...2月に倒れた友人の見舞いで帰宅が遅くなり着替えてる時間が無い!

そこで先週のように洋服で行く。

この着物は来週のお稽古に使おうかな、単だから着られるわね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月18日 (水)

届きました!

0518-1 那須に行ってこねこねした物が仕上がって届けられた。

どのように出来上がっているか期待に胸膨らませ詰め物の新聞紙をはがす。

新聞紙の山ができるほど丁寧に梱包された中から現れたのが...これ。

艶の無い白い粉引きの上薬をたのんでおいたが...素晴らしい出来だわ!


0518-2 ウーン いい仕事してるなぁ


0518-3 こんなことできるし


0518-4 こんなことも出来るのだ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年5月16日 (月)

着物でドライブ

0516-1  快晴の爽やかなお天気

昔の仕事仲間と着物で出かける。

現役の彼女は仕事のストレスを抱え、

昨晩まで熱を出していたが

今朝のいいお天気で元気が出てきた。

気分転換に着物で出かけ、ランチ、ドライブしながら喋る、喋る。

仕事のストレス発散に聞いてやらねば。

運転していて気をつけなければならないのは帯。

お太鼓ならつぶれても何とか直るが

角出しはペシャンコになり膨らみが戻らないことも...

もっと気をつけねばならないのはシートベルト。

ベルトは案外汚れているもので

うっかり半襟をすったら汚れが!ということにならぬよう気をつけましょう。

彼女も着物にはまり相当注ぎ込んでいるが、

もしかすると私が触発してしまったのかもしれない。

二人で着物の産地を旅行したり

呉服屋めぐりをしたりすることもあるが

合言葉は…「買いそうになったら止めるのよ!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

袷の着納め

0516-awase-1 爽やかないいお天気!

先日のお茶のお稽古に準備していて雨で着なかった柿色の着物に縞の名古屋帯

以前の仕事仲間と二人で、花見に、ランチに、ドライブに、おしゃべり。

つつじの庭園では、琴の演奏(テープ?)や野点の席もあり

0516-awase-2 和風ムードいっぱいで大勢の客で賑わってたが

着物姿は我々二人だけ、寂しいものね。

この着物、御召かと思っていたら「大島じゃないの」と彼女のご意見。

今度、呉服屋さんで聞いてみよう。

持っている着物の中には、氏素性の分からない着物が何枚もある。

何処の何者か分かったところでどうってことは無いけれど、

分かると何だかその土地に親近感を覚える。

織り手が誰か分かっている着物、帯もいくつかあり、

特別高価なものではないがそれは格別に愛着がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

着物収納

押入れ改造

0516-syuunou-1 大して持っているつもりは無いが、和ダンスには収まりきれず、コンテナボックスに入れて押入れに仕舞うようになっていった帯や着物に小物類。


0516-syuunou-2 それでも溢れ始め、収納スペースの確保より何より、いざ着ようと思ってもどこに仕舞ったか、出すのも不便で片付けはもっと大変。

そこで一間の押入れを着物収納庫に改造することにした。

0516-syuunou-3 ・幅110cmの引き出し盆を13段取り付ける。

・見えていないが天袋部分と左側の空いた60cmのスペースを棚にする。

・引き違いの襖を観音開きの戸に替えて引き出しが出せるようにする。

・右側の戸の裏には帯締めの収納

・左側の戸の裏には軽いアルミの鏡

・内側にコンセントを設け除湿機(グッドアイデア!)

・奥行きにゆとりがあるので、手前を姿見等が納められるように広くする

そんな構想で大工仕事で作ってもらったのがこれ。

0516-syuunou-4 しかしそれでも収まらないので帯と羽織は別に和ダンス(上の画像)に収納し、

普段着ない訪問着や留袖喪服などはコンテナボックスに入れて仕舞う。

夏物も別にコンテナに入れ、シーズンになったら冬物のウールやコート等の引き出し盆と入れ替えるようにする。

おかげで取り敢えずは日常着る作業には都合よくなったし片付けやすくなった。

今後の課題は、現在も増殖し続けている着物帯類をいかに整理処分するか。

せめて和ダンスとこの収納庫だけに納まるようにし、ほかの部屋に積み上げたコンテナをなくしたいものだ。

そのためには、先ず着物や帯の増殖をストップ=買わないことだ!

分かってはいるんだけど...

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年5月15日 (日)

14日はde銀座の日

0515-1 今日は遅くまで遊んでいられないので

二次会には参加せず、

後ろ髪引かれながら帰ってきた。

ま、何時ものことだけどいろんな方、

いろんな着物、いろんな着方、

いろんな取り合わせが見られ面白い。

思わず声をかけたくなるような方、

思わず離れたくなるような方も...色々。

それにしてもさすが銀座だわね、

田舎町ではとてもできない格好の方もいらっしゃる。

最近のアンティークブームとやらで古着...じゃない

リサイクル着物を自由に楽しく工夫して着るのはいいけど

ギョッ!とするような取り合わせ、帯結びを見ると

「この格好で電車に乗ってきたの?」

というN女史の台詞が私の口からも漏れる。

それはともかくとして、いつものメンバーは遅いランチを寿司屋で食す。

そこでもしゃべる、しゃべる、しゃべる。

もちろん着物関連の話が主だが、本当に話が尽きず楽しい時間だ。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月13日 (金)

我が家の一員で~す

0513-1 私が和室で着物の整理なんぞをしてると

「まだ終わらないの?」と言いたげな顔してこちらを見ている物体

ミニチュアダックスフントの元♂のとら

和室には入室禁止!

「上がってはいないでしょ」と

後ろ足は廊下に置き、精一杯前足で近づく可愛い奴

食べさせ過ぎでミニチュアではなくなってしまう体型

そこで散歩にウエスト形成作戦の遊びを取り入れて

全速力で走り回らせている・・・するとなんだかお腹が引き締まって効果大

「お前こそやれよ」と言ってるな、この眼は!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日は銀座の日

0513-ginnza-1 どっちの帯にしようかな?

明日も気温は低そうなので、もちろん袷で行く。

考えてみると単の時季が短いのなんのと言うが、

袷だって着る時季は短いものですよ。

秋物、ほっこり結城の冬物、ウール、正月用、春物等あるし、

柄によってはその時しか着れない時季物があるし...着てやらねば!

準備したのは茶屋辻模様の色大島。

これは母の形見で生前母がよく着ていた着物。

私の好みとは違うが、着てやろうと洗い張りして仕立て直した。

八掛けの色に悩んだが、決まらずに母が使っていたものをそのまま使用してみた...

やっぱり私好みの色じゃないなぁと思うけど仕方がない。

次ぎ仕立て直すときには替えよう。

直せなかったところは袖丈…身体の小さい母の着物はみんな袂が短い。

それも私の丈49センチに直せるものと、

生地にゆとりが無いため直せないものとがあり、これも短い。

そのために襦袢に気をつけねばならない。

0513-ginnza-2 取り合わせては見たものの

やっぱり似合いそうも無いなぁ...と思いながら帯を白いものに替えてみた。

こちらはどうだろう?

帯は、白い紬地に手描きの青い文様の名古屋帯

温かかったらこちらにしようかなぁ。


0513-ginnza-3 茶屋辻の模様
(画像より緑が濃い)

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のお稽古に

0513-keiko-1 木曜日はお茶のお稽古

もうかれこれ10年以上通っているお茶だけど、最初から進級や看板など望まずに「入門」のみの平手前専門(?)の弟子だが楽しく続けている。

水打ちされた門を開けて玄関までの佇まい、玄関に近づくと聴こえてくる馥郁たる香、玄関に入るとさり気なく活けられた花と香炉が迎えてくれ、先程までの慌しい日常から隔絶された別空間に入る。

だが、何と言っても一番の魅力は先生お手製のお菓子!

材料を吟味し、ケチらずに作られたそれはたっぷり砂糖も使い、いまどきの「甘くなくてぇおいしい~」の安っぽい表現など蹴散らす艶やかな美味さ。

そのお菓子を味わってからの一服のお茶、最高です!

で、今日のお稽古にと、用意したのに夜は雨との予報。

だんだん雲行きも怪しくなってきた...雷も発生とのこと。

そこで急遽取りやめて洋服で行くことにする。

仕方ない、この着物は16日月曜日、T女史とのお遊びに着ようっと。

0513-keiko-2 ・着物は、お召し(多分)に染を施したもの。 (袖丈が短いので襦袢に注意)

・帯は、オークションで手に入れた縞の名古屋

・帯締めは、先日の浅草きもの祭りでの格安正絹丸組み…980円也!

・半襟は以前は柄物を多く使っていたが、今回はキッパリ白にする。

問題は...月曜日暑かったらどうしよう...袷の組み合わせなのねこれ。

もちろん5月なのだから袷のシーズンで何も問題はないはずなのだけど、

汗だくで着るのもねぇ...。

予報を見るとまだしばらく低い気温が続きそうなのでこれで行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月11日 (水)

箱根湖畔ゴルフコース

0511-1 前泊のNご夫妻と新幹線でやってきたKサンをピックアップして出発

新緑の中を快適に車を進め50分前に到着

GW明けの平日なので空いていてのんびりできそう。

打ち放しの練習場があるが大して時間がないのでパター練習をするも...

すぐ飽き、レストランでコーヒー。(いつものパターン)

ここで細川元首相を見かける。さすが殿様、お一人でもオーラがあるわね。

0511-2 コースは高いところは標高800メートル近くまであり

芦ノ湖、大涌谷、金時山のすばらしい景色を堪能。

この景色を眺めながらカートで楽チ~ンにまわる。

課題の2打3打目でのミスに気をつけてはいたが...

一度ミスをするとボロボロ、精神的に弱いのねぇ私。

グリーンはとても速く、4Pを一回やっちゃったが

行きつ戻りつがないだけオッケー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どぜう

浅草に行ったならこれは食べておこう「駒形どぜう」のどじょう

0511-dozeu-1きもの祭りの会場に入る前に

まずは腹ごしらえと、

「駒形どぜう」で集合。

名物のグロテスクなどじょう鍋にするか

オーソドックスに柳川鍋か迷ったが

柳川定食を食す。美味~い!

もろ姿丸見えのどじょう鍋の一匹を分けて頂くが、これも美味い!

0511-dozeu-2 グロテスクで敬遠してたが、生臭さはなく、骨も柔らかく食べられる。

特にトッピング(?)の葱と牛蒡は是非とも加えるべし。

どじょう汁もお勧め(定食にはついている)

どろーり甘みのある粕味噌汁に数匹入っており

ギョッとするが躊躇わずにお口の中へ、味わう。

またもや食い気に負けて画像なし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行ってきました着物まつり

0511-maturi-1 気温が高ければ単、低ければ袷とし

組み合わせはどうしよう...。

迷うほど持っていないけど

さんざ悩んで決めた取り合わせ袷版。

・十日町きはだやの唐桟(正絹)

・紫の地に白い花柄の手作り(改造)帯

・帯揚げは効かせ色の緑

・帯締めは黄土色

0511-maturi-2 半襟が白では寂しいので細かい黒白の市松

黒の絽の羽織でどうかしら?

会場に入る前にまずは腹ごしらえ

N女史等と「駒形どぜう」で柳川鍋か定食を食す。美味い!

もろ姿丸見えのどじょう鍋の一匹を分けて頂くが、これも美味い!

きもの祭りでは格安胴裏、格安帯締め、手ぬぐいを購入。

帰りに辻和に寄り、長襦袢反物を3人で買って3等分する。

さ~て これを何にしようかなぁ!                                           

0511-maturi-3 サヤ形の模様も色も私好み

0511-maturi-4 緑の地に蕗の葉と蛙の手拭い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パソコン壊れる!

5月8日夜、またもや半年前と同じ状況で言うこと聞かなくなる!

ギャーーー

何時間も費やしてやったのが

あれも、これもみんな消えちゃう

茫然自失

...11日に救援隊長がやって来てくれることになり、ホッ。

5月は出かける予定はないと言いながら

家に落ち着いて居ないため、

救援隊長のお迎えの前後は、ちくちくとゴルフ練習。(悪いわね)

夜は、ゴルフのN夫妻と食事。(悪いわね)

その間、救援隊長は黙々と復旧作業。(悪いわね)

直してくれた翌日は、救援隊長を置いて早朝よりゴルフ。(悪いわね)

ゴルフから帰ったらこれがテーブルの上で待っていた。 (悪かったわね)

0511-paso-1 バッグは「母の日」のプレゼント!THANK YOU !

0511-paso-2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月 6日 (金)

寒いし、雨が降ってるし...

そんな日は家に居ましょ。

結局一歩も外にでなかった。

あ、ベランダでワンコの世話と郵便受けに配達物を取りには出たな。

ワンコも雨なので家の中と小屋の中、散歩はなし。

万歩計つけてたら500歩も行かない日でした。

スポーツクラブにも行く気が起きず...明日は行くぞ!

そんな日は縫い物、編み編みですが、これ作りました。

0506-1 3年以上前に、友達から分けてもらって

はじめて知った「カスピ海ヨーグルト」

できたヨーグルトを少し取り分け、

種菌として牛乳に混ぜるだけで簡単に出来上がる。

でも、気をつけねばならないのは

何代も作っているうちに雑菌が入ること。

そこで私は、カスピ海ヨーグルト種菌を購入(最近三越で買えるようになった)し、

半年位で新しい種菌で作る。

説明書によるともっと短い期間で作り直すように書いてあるが、

友達からもらった時のように、どこで、誰が、

どのように作ったのか分からないルートを経て来たものではなく、

自分が自分のために新しい牛乳で

清潔な容器を使って作っているんだもの、オッケーよ。

あまり酸味は強くなく、ねっとり糸引くように粘りがあるけど

口の中ではつるっとした食感で好きです。

このヨーグルトを知ってから市販のは買わなくなりました。

今日は気温が低いので出来上がるまでに1日かかりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月 5日 (木)

ベランダで花見

0505-5 0505-4 0505-3 0505-2 0505-1

いいお天気ですねぇ

こどもの日だけど、近くを眺めてもこいのぼりは見られませんが

ベランダにはこんな花が咲いてます。

他にもまだいろいろ沢山あるのだけどデジカメの電池がなくなっちゃった。

パンジーはもう終わりなのだけど、刈り取ってしまうのは可哀想で

少々見苦しくなってきたけどもう少しおいておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シンプルだけど美味ーい

本日掘り立ての筍を食す。

私が固定資産税を払っている土地からの収穫物である。

せめて売っている筍なんか比にならぬ味が堪能できる見返りくらいあってもいいよね。

だが、例年ドロボーが入り盗まれてしまうので採れるのはホンの少し。

今年もちっちゃいのが5本、週明けにまた行って採れるかも...

悔しいのはタラの芽はほぼ全滅!

1個しかとれず、あとは天辺の芽を全部取られたので来年はもう駄目ね。

で、早速筍ご飯を炊き、チョッピリの穂先は甘辛く煮る。

美味なり、よくぞこの繊細な味が解る日本人に生まれ幸せなり。

...残念なことに食い気のほうが勝り、画像はなし。

シンプルな美味さといえば...このナスも良い!

0505-sin-1 我が家では定番の蒸し茄子。

皮をむきそのまま蒸す→食べやすく切ったら容器に入れ冷蔵庫へ(2,3日は保存可)

ただそれだけ。

冷やしている内に、切った茄子からとろーり透明の液(ナス汁?)が出てくるが、これも美味しく食べるのに欠かせぬ大事なもの。

皿に盛りつけたら、その液も回しかけ、茄子が隠れるほどのすりゴマ(極上の金胡麻が美味い)をかける。

味付けは食べるとき醤油をかけるだけ。

胡麻の香ばしさと茄子の甘味、両者を醤油が取り持つクセになる美味さ!ほんと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

健気じゃないか

庭いじくり

0505-kenage-1 下のサフィニアの鉢にブルーデージーがひとつポツンと咲いているでしょう。

実は4月中旬、上のプランターにあるブルーデージーの枯れ花をつんでいる時

うっかり小さな蕾のついている脇芽もとってしまい、

捨てるのもなんなので近くのサフィニアの鉢に挿しておいた。

そんなことはすっかり忘れていたのだが

0505-kenage-2 今朝、紫の花が開いているのを発見!

あの時の脇芽が、3週間かけて、ちゃんと根を出し、蕾を膨らまし、花を開いたのだ。

捨てられていたかもしれない小さな芽だったのに

立派に成長し、花を開く、健気だねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月 4日 (水)

浅草きものまつり

0504-1 おたすけくらぶお着楽工房から案内のはがきが届いた。

5月8日(日)12時~19時

都立産業貿易センター9階大ホール

今回は2回目の催しで、前回よりも出店数も多く会場も広い。

着物生活には欠かせないお手入れ、仕立て加工の丸富主催が心強く、格安反物、帯、着物、小物類も充実。

早速仲間と行くことにし、先ずは昼飯を何にするかが話題。(着物じゃないのか?)

ドジョウもいいけど、低カロリーのとろろもいいぞ、とどちらが目的かわからなくなってしまいそうだが、開場前に腹ごしらえをすることに決定。

で、問題は何を着ていくか...

気温は高くなったので単でもいいのだが、まだ袷の時季。

これから4ヶ月着られなくなるのだから、袷を着てやろうじゃないか、すっきりと。

泥大島にするか?、白地の唐桟にするか?、帯は?、明日悩もう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年5月 3日 (火)

美味しく食うぞ

グルメだ!食道楽だ!と世をあげ、食通なる人物が「知識人」とやらになるご時世。

マスコミ、テレビもそこらじゅうで

「おいしい!」「...うま~い」「マイウー」と目をつぶり眉を寄せ

他に美味い物食ったことないのか?と思われるほどの

レポーターの感想には辟易するが

私も美味いものは食いたい!

不味いもので腹を満たすのは寂しい。

だからと言って、気取って「グルメ」「食通」なんぞはおこがましい。

食い物を美味しく楽しく味わう、食べることを楽しむ、そんな「食い物道楽」だ。

道楽につきものの横道落とし穴は数多く

先日の柏餅のような後悔、調理失敗作を食す自虐行為も数々あれど

本日の成功の一品!

0503-1 サトイモと人参だけの超シンプルな食材なれど

胡麻油での炒め煮にして濃い目の甘辛味。

よ~く炒めたら先にお砂糖で甘く味付け

焦げそうになる直前にだし汁を加え

更に酒、味醂、醤油をテキトーに合わせて加える。

煮込むのではなく、煮からめる。

動物性のものは入ってないけどこっくりと良いお味。

外側は濃い目の味でも、中のサトイモの淡白さとで

口の中でねっとりと絡んで...ンゴーン←ベトナム語

| | コメント (4) | トラックバック (0)

くっそぉー

今年流行のトルコ石のネックレス♪

0503-kuso-1 3月のトルコ旅行での一番高いお土産。

イスタンブールのバザールで、「見るだけ♪」のつもりで買っちゃった物。

石も綺麗だけど留め金もいいでしょ。

半分騙されてもいい!の気持ちではいたけど

今日初めて使って

「くっそぉ・・・」と歯噛みした。

それは留め金のストッパーが効かず

外れて落ちてしまうのだ!

留め金のつくりが上下にずらして留めるものなので

0503-kuso-2 ネックレス自体の重みで

上下にずれる→外れる→落ちるのだ。

留め金の部分は後に持ってきても

前に持ってきても両方使えるので

前後変えても同じ...くっそぉ

石の価値が本物でも偽物でもいい、

綺麗だから騙されても許すつもりでいたのに

まさか留め金がお馬鹿になるとは....許さないぞぉ !

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年5月 1日 (日)

吊るし雛製作中

0501-1 縫い物は苦手なのに

やり始めたのがこれ

3月の雛祭りには間に合わなかったけど

来年の雛祭りには立派なのが出来上がるのでは

なかろうかと期待している。(作るのは私か...)

数が少ないと貧相なものになってしまうので

種類と数を増やさねば!

でも、作り始めるとこんな小さい物なのに結構面倒なのよね。

チクチクこつこつ作ってはいるけど

他にやることいっぱいあるのでなかなか...

来年3月までにはまだまだ時間がある、焦らず長期戦でいこう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱり...

世の中は、ゴールデンウィークだ10連休だと騒いでるけど

去年から365連休の自由人となった私には関係ない。

でも、こんなときに出掛けるのは例え市内といえども

混雑渋滞に巻き込まれるので避ける。

そう世間が休日のときは静かにひっそりと過ごすのが隠居の極意。

今日はスポーツクラブもお休みなので暇だ。

そこで暖かくなって急に伸びた雑草や枯葉の始末をし、

5日に通るお神輿を迎えるのに家の周りをきれいにしよう!

と、思い立ちブランチのミルクティーを飲み干し作業開始!

手際よく順調に作業は進み40ℓのゴミ袋が1袋、2袋、3袋。

よくまあこんなに伸びたものと感心するが、

これでも作業は半分で家の後ろと生垣には手をつけない。

もうここいら辺で止めておかないと持病の腰痛が...

3袋一杯になったところで作業を終え箒などの片付けに入ったら

砂利のところの雑草が、濡れ縁のところのアジサイが、

水仙の葉が、ドクダミが、どうにも気になる。

まだ1枚袋はあるし、ちょっとこれらもと思って取り始め

4袋目も満杯になり作業本当に終了...と言うより

腰の具合が怪しくなってきた。

危ないので動かずにいたら「ごめんくださ~い」の声。

玄関脇の門扉の所にニコニコ顔の新聞屋のお兄ちゃん。

この間頼まれてた契約更新の件だ。

立上がりたくないけど仕方がない、

ゆっくり玄関に入って「ノルマじゃ大変ねぇ」とハンコを押す。

0501-yappari-1 「ありがとうございまーす」と抱えて持ってきたのがこれ。

洗剤10個に40リットルごみ袋を3束。

洗剤は半年前にもらったのがまだあるのに

更にこんなにもらってしまい使い切れないわよ~デモもらっておく。

腰が...洗剤は玄関に置いたままマッサージ椅子に直行!

ここで腰痛になるわけにはいかぬのだ。

そういえば去年の4月末、秋田へ行くときも腰痛だったなぁ←しみじみ

いやいや、なんとしても単なる疲れ程度で終わらせねば。

早くお風呂に入って、寝る前にまたマッサージ椅子、それにシップ薬だ。

やっぱり3袋でやめておけばよかった...華奢な身体なんだから。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »