トップページ | 2005年5月 »

2005年4月29日 (金)

やめときゃよかった

5月が近いので御菓子売り場はどこも柏餅だらけ

餅系、アンコ系には目の無い私。

柏餅なんてどれも似たようなもので、せいぜい餡がつぶしか漉しか味噌餡か。

餅が白かピンクか蓬かってとこでしょ。

だからこそ美味そうなのはどれか、ヨダレを垂らさぬようあれこれ見てまわると

0429-1 目に入ったのがこれ!

白と、ピンク、蓬、それに黄色い柏餅。

決定的に他とは違うのが片面を焼いてある。

その焦げ面が食欲をそそる。

で、売り場のお姉ちゃんに聞いた。

「焼いてあると、普通の柏餅とどこか違うの?」

お姉ちゃんは答えました。

「はい、片面が焦げてます」

そりゃ見れば分かるよ。

「食べると普通の柏餅とは美味しさが違うの?」

「...同じだと思います...」

それじゃぁわざわざ焼いた意味ないだろ!

社長、ちゃんと商品説明できるよう社員教育してくださいよ。

あぁそれなのに

止めときゃいいのに、珍しさもあって黄色いゆず味噌を買ってしまった。

食べた感想は...営業妨害になるので差し控えます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年4月25日 (月)

こねこね

0425-1 ジャ~ン

さぁ 一体これは何でしょう?

0425-2 勝手口に飾ったこねこね作品

チクチク、編み編みだけでなくこねこねも楽しんでいる。

正確には「楽しんでいた。」

日々楽しむわけじゃないけど、やり始めると止まらない。

これは市内の小学校の陶芸クラブの“ゲストティーチャー”なるものに担ぎ上げられ

子供たちと一緒に作った残りの作品(あとは校長室の机の上)。

カウンターの上にもこんなのが、あんなのが。

0425-3

0425-4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月24日 (日)

庭いじくり

私の場合、「ガーデニング」なんて洒落たものではない。

「庭いじり」と言うほど枯れたものではない。

種子から育てるほど気長ではない...と言うより

無事大きく育てられるかどうか怪しい。

そこで頼みは「苗購入」

土も本当は新しいのにしてやればよいのだろうが、

リサイクル土(?)に植えられた苗、肥料もあんまり、水も忘れることあり。

そんな環境の中でも健気に育つものである。

上は4月初旬に植え、芽を摘んだもの。下は本日の状態。エライ!

  0424-1

この先こんもり花一杯咲くようになるのでしょか?

例年、虫(ナメクジ?)にやられて無残な姿になってしまうのだが

今年は時間があるのだからちゃんと世話をするぞ!

0424-2立派に咲くのをお楽しみに♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月23日 (土)

喜連川カントリー倶楽部

4月22日(金)

日本の西半分はお天気マークなのに群馬栃木から東は雨→晴れ

6時頃は曇りだったのに7時には降っている...どうなるんだ?

朝食とりながら「止まなければ止めるから」と宣言。

他にも「降ってたら露天風呂」と言う人もおり、

本当に我儘な集団だ。(ごく一部?)

0423-1 8:30スタート

金井さん、佐藤さんとの3人最終チーム

和やかに、楽しくの親睦ゴルフであることを確認しながら喜連川コースをスタート。

2人があんまり上手い方ではなさそうなので失敗も笑って過ごせる♪

途中、ずっと年上だと思ってた佐藤さんが

私より3つも年下と分かって私の態度が急にでかくなる。

午後はINコースへ

午前中のことは削除!心機一転

...とは言うもののやっぱり何時もの下手くそゴルフ。

半袖にはなれないけど良い日差しの気持ちのよいゴルフ日和。

「今日はハイキングなのよぉ~」と

楽しく打ちながら(叩きながら、打ち込みながら...クッソー)カートで回る。

スコア?そんなの全然気にしなーい。(気にしろ!)

幸いにもブービーメーカーにもブービーにもならずに終わる。

が、ここは栃木県、家より200km.以上も離れたところ。

4時間以上の運転をして帰らねばならないのだ。

疲れがでるからお風呂には入らず、

着替えだけして15時30分ゴルフ場を後にする。

ゆっくり、休みながらと思ったが、トイレ休憩に2回寄っただけで

5時間(首都高で事故渋滞)のドライブ無事終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月21日(木)晴れ

  昨日のお天気がウソのように明るい朝だ。 ただし気温は低く風も強い。

昼前にチェックアウトするこの部屋と眺めを撮ってみる。こんなことして遊ぶ。

0421-1 0421-2                

 

  下に広がる那須、茶臼岳山麓の樹木はまだ芽吹いてもおらず、

これからの新緑も見たいし、秋の紅葉も見てみたい。

さぞかし素晴らしい眺めだろう。 

またゴールド会員宿泊チケットをもらいたいね、T氏におねだりしたいね。

0421-4  さてチェックアウト後は黒磯駅をのんびりめざして出発。

途中古道具屋に寄ったり、牧場でアイスを食べたり、

2度目の桜の花見(満開!)をしたりしながら駅でN女史を降ろす。

その後Aの撮影ポイントへ足を伸ばして駅に戻る...時間ぎりぎり!

0421-5 さぁいよいよ目的の喜連川カントリークラブへ!

でも空模様はだんだん怪しくなる...

大田原ではものすごいにわか雨、今日のハーフはどうなるのだろう...。

ま、心配してても仕様がないので喜連川をめざし、13時20分到着。

今にも降り出しそうな空を眺めながら「降ったらやめるからね」とスタート。

スタートを待っている内にとうとうゴロゴロ鳴り出した。

群馬栃木といったら雷の名所ではないか、皆「危ないな」と言ってると空襲警報じゃないクローズの合図のサイレン。

クラブハウスで再スタートの3時半まで時間つぶし、雨も本格的に降り出した。それでも3時半にはほとんど止み、雷も静かになってスタート。

練習場では打てたのになぁといつもと変わらない下手くそゴルフなり。

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月20日(水)雨...

0420-1 予報どおり雨、雨、雨、昨日出かけててよかった。

出掛ける気にもならず、部屋でゆっくりルームサービスの朝食をとる。

これ一人1900円の朝食3人分!

なんて豪華なんでしょ!

ゴールド会員様だけのサービスなんですって。

食べ、しゃべり、飲み、しゃべり、話は尽きないけど午後3時半より陶芸教室へ。

0420-2 他に客はおらず我々3人だけの貸し切り状態。

こね、叩いて、伸ばして、創作活動に没頭。

どのような作品に仕上がるか1ヵ月後のお楽しみ。

その後、昨日の那須牛食い直しに安愚楽へ。

A-5の最高級を食す、満足♪

入浴後は足つぼマッサージ、痛気持ちよく、極楽♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月19日(火)

0419-1 那須へ出発!

  目黒でN女史を、洗足でAをピックアップして

T氏のリゾートマンション(ホテル)へ向かう♪

ゴールド会員の利用券をいただいて

気分だけお金持ちを味わう2泊3日のドライブ旅行。

片道250kmもおしゃべりが途切れず快調。

期待のVIPフロアのお部屋は、想像以上の広さに素晴らしい眺望!

0419-2 明日は雨という予報なので、今日のうちに那須山ロープウェイに乗っておこうと早速出掛ける。                

山頂は気温3度に震えるが、山肌に残る雪を眺め、記念の撮影会。

夕食はガイドブックを頼りに那須牛を味わえる店へ...失敗・期待はずれ・看板に偽りあり。

ホテルに戻り冷えた体を温めるべく風呂へ...途中マッサージ屋さんを見つけ閉店まで30分しかないので「全身30分コース」を急遽頼むことに。極楽♪極楽♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年4月18日 (月)

最近はまってるもの

0418-1 電車を待つ間、

本屋で何気なく本屋で手に取った「あみねこのいる生活」

編みぐるみの本なのに一つの猫しか載っていない絵本のような本。

この猫にはまってしまった。


0418-2 長男・・・ぐれ

長女・・・あか(作:彩)

次男・・・クロ

三男・・・こん(作:彩)

もっと兄弟を増やそうと製作中。


0418-3 0418-4       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紋隠し

黒に紋がついていたらお気楽な遊び着より格が上になりアンバランス。

ま、気にしなけりゃなんてことない着物ルールだけど

なまじ知っていると落ち着かない。

0418-mon-1 そこで紋さえなけりゃいいのだから、飾り紋や背守紋で遊んじゃおう。

ちりめん細工の根付をいくつか買っておいたので

その中から赤い座布団の上で寝ているクロネコをつけた。

黒に黒で目立たないけど

とってつけたような目立つのも嫌なので

気がついた人だけが気がつけばよい。

自分だけのお楽しみ...♪

黒に赤なので羽織紐は赤い玉(撮っておけばよかったな)にする。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年4月16日 (土)

厚木 きもので再発見

0416-1  2回目だというこの催しに参加。

de銀座でお仲間の高井さん、橘川さん、

それに着物de湘南で呼びかけに加わってくれたみきさん

その他8名で計12名で厚木の街をぶらぶら。

和菓子屋で草餅1個購入し、お茶屋で美味しい煎茶をいただく。

小さなガラス工房のような店で帯留めにしたいガラスを購入(300円)。

0416-2 下駄屋を覗いたりしながら「たちばな」へ。

入り口からして板戸が洒落ていて、

店内も和風モダ~ンで雰囲気あって感じいい!

ここでお食事しながら着物談義...

韓流の話あり、沖縄の話、そしてde銀座のこと。

30代のde湘南に何故入ってるかの話もおまけ。

0416-3      《本日のお着物》  

 ・黒と黄色のお召しに黒駒絽の羽織

    羽織の画像はないが、一つ紋の黒駒絽

    お遊びに紋は不要なのでちりめん細工で

    紋を隠す・・・グッドアイディア!

    ちりめん細工に赤を使っているので

    羽織紐は赤い玉にする。

 ・帯は黒と金茶の幾何学模様の袋帯

    同系色ではあるがいいんじゃない?

 ・帯締めは結ぶと左右色違いの冠組

 ・半襟は小川さんに頂いた白黒の市松

 ・バッグは竹の持ち手の茶のメッシュ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年4月15日 (金)

横浜へ

0415-1 桜は散ったけど、天気は良し、暖かだ。

娘と二人で出掛ける。

仕事がない(=無職)ってのは本当に自由だ。

行きたい時に何の気兼ねなく出掛けられるのだから。

車窓にかつての仕事場が見える...お仕事してる皆さんゴメンね。

行き着いたのは、みなとみらいワールドポーターズ

グラスの右手はインターコンチネンタルホテル

左手はクイーンズスクエア、観覧車も見える。

ここら一帯は本当に様変わりして昔歩いたときの面影はない。

と、言うか昔はここ歩けなかった、海の上だもの。

まずは腹ごしらえをして、家具インテリア用品を眺めながら、

今度買うときの参考にあれこれ座ってみる。

良い物はやっぱり良いのだけど、ちょっとお値段が張りすぎ!

我が家にはニトリが似合いかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

三味線の後遺症

何故か右手が痛い!

物を持とうとすると親指に力が入らず腕まで痛い!

原因は...昨日の三味線だ。

バチの持ち方は、今まで使ったことない筋肉を使い

ただ弦を開放でペンペンと弾く(まるで叩く)のを

10分位断続的に数回やっただけなのに...

「これは明日腕が痛くなりそう」とは思ったけど

こんなにも痛くなるとは!

朝より昼、昼より夜と痛みが増す。

0415-syamisen-1 夕食後、手のひら親指のまわりにシップ薬を貼った。

来週のゴルフまでに治ってくれるかなぁ...(じっと我が手を見つめる)

いやいやその前に、月曜の練習でクラブが握れるか心配だ。

今日のお茶もサボったし、スポーツクラブも今月はゼロ回。

ピアノの練習もここ数ヶ月ふたも開けてない...。

こんなことで良いのだろうか、良いわけないよ。

(これらのおさぼりは三味線のせいじゃないぞ!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月13日 (水)

4月13日(水)雨

今日は、なんという寒い日でしょ。

せっかくの桜も無残に散り、車の屋根にはべったりと花びらが張りついている...

これが雨でなく風なら、見事な桜吹雪で散り際の見事さ儚さを味わえたのに。

そこでアウトレットにお買い物♪←雨、桜と何の関連が?

関連があってもなくてもお出かけの口実。

寒いのでマフラーも手袋も引っ張り出していざアウトレットへ!

こんな雨なのによく人が入っているものと感心しながら話に耳を傾けると

中国語、韓国語、インドネシア、フィリピン...

東南アジアの人が大挙して観光バスでやってきているのだ。

でも、買い物袋はあまり手にしていないところを見ると

本国と比べあまりの高さに手が出せないのかも。

私も、あっちの店こっちの店を眺めながら購入したのは...これ ↓

0413-1 0413-2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月12日 (火)

やるぞ!オークション出品

本日午後、娘の指導でオークション出品の方法を教えてもらう。

前にも教えてもらいながらやったのだけど...記憶が...。

まずは出品する画像の撮り方、取り込み方、補正の仕方...

分かったつもりなんだけど...

「やってごらん」と言われて自分でやると???

「そうそう、その調子」

「あれ?さっきはできてたよ」

「はい よくできました」

これらのセリフは十数年前、私が娘に言ってた言葉じゃないか!

立場逆転に老いを感じる...。

で、何でまたオークション出品かと言うと、「シンプル生活」実現のため。

すっきり暮らすには荷物の整理!捨てる!

ところが捨てられないのよねぇ。

そこで、買ってくれるなら売れる(=処分)と

フリーマーケットに出店することを考えました。

でもね、実際に店を出すとなると

店の設営や荷物搬入から、

店番一人だとトイレの問題まで、大変なのは一度経験済み。

それで考えたのが、家で居ながら出来るオークションだ!

あれもこれも売れたら片付くなぁと、もう売れることばかり考えている。

売れないで終了するのも山ほどあるのにね。

何とか画像が準備でき「さぁ出品の作業だ」と意気込んでクリック。

ところが、ところが、何故だか「ただ今オークションは開けません」だって。

夜また挑戦することにして休憩...ホッ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月11日 (月)

着物生活へ

フルタイムで働いているとき「停年になったら着物で暮らす」と触れ回っていたが、去年停年を待たずに退職。

着物生活に入れるはずが、旅行やゴルフにダイビングと、しっとり着物を楽しんでいる暇がない。

着物=優雅、しっとり、はんなり...なんてイメージ。

だけど、私が目指すのは「普通の生活着物」であり、かつて洋服が一般的でない時代(つい5、60年前)には掃除・洗濯・育児だってこなす労働着でもあった着物なのに、いつの間にか生活からかけ離れた特別な衣服になってしまった着物。

浴衣と成人式の振袖(それもレンタル)しか着た経験のない娘...だけじゃない母親世代までも着物から離れてしまった現代に、何を好き好んで着物を着るの?と訊かれるが、答えは「好きだから」。

もちろん豪華な訪問着もいいけど、何気ない小紋や紬やウールを何気なく身にまとう。

そんな何気ない着物に憧れる。

許せないのは、アンティークブーム(ホントか?)とやらで銘仙など古着が最近もてはやされ、身体に合わない寸法や目も当てられない柄合わせでも「可愛い!似合う!」とおだてる着物コーディネーター。

もっと許せないのは、骨董市やリサイクル屋で購入した寸法の小さい汚れた古着をそのまま着てしまう感覚の持ち主。

着るだけいいじゃない、着物文化の復興よ、と言う人もいるがそれは疑問だ。

だからと言って、私自身そんな大それたことを考えているわけではない。

何気なく、さりげなく、普通に着物を着たいだけ。

なぜなら...好きだから。

強いて言うなら、我が娘の眼に、普通に着る着物姿を残しておくこと...かな。

着物が普通の衣服であった時代の着物姿を見ていた私がそうであるように、娘にも着物を特別視しない感覚を持っていてもらいたいから。

ま、それはともかく好きなものを好きなように沢山着ることができる自由時間を手にしたのに、なかなかそうはいかないのを「停年の歳まではまだある」を言い訳にしながらも目指しているのは着物生活!

0411-1 《今日の着物》

喪服に間違えられそうな黒無地に格子の絽目の単

ひなやのガーゼのような帯(格子と縞のリバーシブル)

紗の羽織…男物の古着を購入し洗い張り仕立て直す

紋が3つ付いていたが残してワンポイント(スリーポイント?) 

娘の友達の結婚式でホテルオークラへ

前泊をホテルの企画「母娘パック」で泊まる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道楽生活

仕事を離れて二年目に突入。

0411-douraku-1 一年目を振り返れば、収入ゼロなのによく遊んだ。

4月1日の退職記念ゴルフに始まり、パラオのダイブクルーズ2回、

弘前の桜見物、与論島ダイビング2回、北海道ゴルフツアー、

八丈島ダイビング2回、大島、マレーシアのシパダン島へダイビング、

ベトナム旅行、トルコ旅行...。

「道楽」…趣味にふけること。どうらく、ドウラク、道を楽しむ。今の生活そのものかもしれない。

でも、どうせ生きるのなら、楽しく生きていきたいものだ。

着物…これも私の道楽の一つで、一番歴史があり、一番金を掛けて楽しんできたもの。

スキューバダイビング…歳も体型も日焼けも気にせず楽しんでいる。

ゴルフ…まだ歩けるうちに...と、スコアの20打30打多くたって誰に迷惑掛けるわけじゃなし下手くそゴルフを楽しんでいる。

最近はまっているのは、編み編み、チクチク。

肩こり老眼で作業は遅いが作品が出来上がるのは楽しく嬉しい。

これからやろうとしているのは、三味線。

子供の頃習った日本舞踊で耳に残っている懐かしい音色。

母が遺した三味線を弾いてみたくなった。

さてこれは楽しむことができるか、はたまた苦しむことになるのやら...まぁ、楽しくやってみましょ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年5月 »