2020年10月27日 (火)

諸般の事情から

Img_3259残念なことに、準備を進めていた11月・12月の案件の3件が中止となりました...((+_+))

「一向に鎮まる様相の無い新型コロナの感染リスクを避けるため」と言われちゃ「それでも実施するぞ!」と逆らう術も根拠もありません。

新型コロナはまだ薬もワクチンも無く、よく分からないけれど怖いですよ、特に高齢者ですからね。

姿の見えない敵はどこに潜んでいるか分からず、マスク手洗いで本当に防げるのかも怪しく、感染しても多くは発症しないとも言われると、罹る罹らないは「運命」か? だいたい発祥地の武漢市でさえロックアウトしても罹らない市民がいるんだから、もう開き直って「普通」に暮らしたいと思うんですよ。

でも、「怖いからやめよう」と言う人には逆らえません... (◎_◎;)

きっとその方から見れば、なんて無謀な危険なヤツ等!と思われている事でしょうね。

私、春頃よりニュース・ワイドショー(?)の類は見ないことにしているのですが、昨日は見るつもりないけど見る羽目に (^-^; 

飲食店でのリスクを下げる対応を取り上げていました。

・スタッフと対面でも、スタッフがマウスシールドしていれば飛沫は上に行くので安心・・・  (飛沫はいずれ落ちてくるんだよ((+_+))

・リスクの低い着席位置は、長方形のテーブルなら対面席は〇.〇%、横は〇.〇%、安心なのは対角線の席〇.〇%・・・ (きっと無風の実験室で正面を向いたまま動かないロボットのような話し方での数値でしょう。それも小数点以下まで出しているけれど今時営業中のレストランで換気設備の無い所がありますか?店内ではスタッフが歩けば空気は動きます。実験結果の数値が実際のレストランの会食にどこまで有効なんだよぉ((+_+))

「感染症に詳しい専門家」が得々と説明するとゲストの芸能人は素直に頷き、誰も疑問を発しない・・・こんなのを見ている素直な視聴者の中には「私は対角線席じゃないと嫌!」と刷り込まれて行くんだろうな... ((+_+))

腹が立ってTVを消してもらいました。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年10月17日 (土)

時間つぶし

車の点検で2時間ほど時間つぶしをしていた。

まず向かったのは、最近世話になる必要が無くなったマッサージ(^-^; 何となくその時は首が凝っているような・・・ で、15分2000円の2コマを。オネエサンに「指はめり込むほどやってもよろし」と身を預け桃源郷へ🎵 1時間やっても良かったなと思いながら次は本屋へ。

レジの行列を見たら買う気が失せ、普段行かないような奥の本棚を眺めていると「宗教」の棚に到達。スピリチュアルな世界は理解できないのだが、漫画も結構あるのね。その中に写経と写仏の本もあり、毎日1ページずつやったら身も心も清浄化されるかな?と思っただけで出口に向かう。

Img_3448 するとマスクしているけど見たことあるお方がお料理本の立ち読み... 隣に立っても気付かないSさんに「今晩のメニューは決まりましたか?」すると「アッレー! 何してるのよ 久し振り~ 」と店内に響くお返事(?)が。 そのまま本も買わずに隣のカフェへ (^^)/

久し振りのご対面で近況報告は病気自慢・薬自慢・症状自慢(^-^; 全く我等も年寄りの会話内容になってしまいました。彼女も部位は違う同じ〇〇友なのでそんな話題に盛り上がります。それでも「いやだねぇ こんな話題に終始しているよぉ」と二人とも気かついて笑い合っておりました。

Img_3446←運んでくれたオネエサンにシャッターを頼む
 すると後ろの壁が鏡で「自分が写っちゃったー!」と楽しく笑って撮り直し。孫のような可愛いオネエさんです。リベンジの画像 ↓

Img_3447

 
同年輩の婆さん二人連れの席からの声が聞こえてきます...「そうなのよ 骨も拾わせてもらえなかった」「ハカ? どこだか知らないからお線香あげることも出来ないのよ」と我等よりももっと生々しいお話で姉妹らしい(@_@) その後、兄の相続の話になりどろどろのお話に聞き耳立てながら、我等の話題のがよっぽど可愛いものではありませんか。

画像見て「二人の衣装もなんか似ていますねぇ」 奇遇 奇遇 と言い合い、またの偶然の再会があると良いね🎵と、彼女は再び本屋へ、私は車屋へ(^^)/

Img_3256私の近辺でも相続人が泥沼の「争族人」になったケースを良く聞くようになり、実際私のところへも相談に来る人がいる。法定の分配についてではなく、その分配の仕方・内容で揉めている。「相談」ではなく、「愚痴りたい&不満を吐き出したい」のもよく分かる(?)ので無料で聞いてます(*_*;

 

| | コメント (0)

2020年10月15日 (木)

定期健診

Img_3420気持ち良く晴れた日 術後10年の人工股定期検診に行ってきました。

病院側の諸般の事情から大学病院→付属の病院→教授の作った(?)A病院→病院の統廃合でB病院と点々と病院を渡り歩いたように見えるが、私自身は一貫して変わらず同じ先生チームに診てもらっている。現在の担当のK先生は新人の助手時代から30年以上の長い付き合い(といってもカルテ上で覚えているわけないけど)で10年前の手術の執刀医。Img_3421_20201015213501

3年振りの検診なので懐かしい病院へ... と言いたいのだが、手術はA病院だけど5年ほど前に先生も私のカルテもB病院へ。なので今回が2回目の懐かしくもないB病院(^-^; おまけにB病院は、それまでの病院とは違い遠くなっただけでなく、高速下りたら渋滞する一般道を走らねばならず、行くには気力を高めねばならない。

Img_3426_20201015213501
前回は近くのアパートで猟奇的な事件が発生し、連日報道されていた時期で、私も野次馬根性丸出しで報道陣見物に行ってたなぁとハンドル握りながらそんなことを懐かしく思い出した。

病院では沢山被爆し 分かったことは

・人工股は異常無し 一生もの🎵(あと何年?)

・問題は右膝 (やっぱりね)

・骨粗しょう症は境界線上...前より悪くなってはいないけれど、前がもともと良くないのです。

と、想定通りの結果でした。

Img_3424    ズラーッとレントゲン室 →

診察を終え、病室を出てから「忘れたー!」のは、見せて説明してくれたレントゲン画像を撮っておくこと。私の不具合の個所が一目瞭然の骸骨画像を撮っておきたかった ((+_+)) 整形外科では数多くの病院を訪ねているが、全身画像を写すのはここ(大学病院から付属・A・B)しかないから貴重なのです (^-^;

次の検診は2~3年後 それまで来ないつもりですが、後期高齢者に突入し自分で車を運転して来れなくなった時の事も考えないといけないな...と、寂しく思いながら帰ってきました。

| | コメント (0)

2020年10月13日 (火)

お稽古

Img_3405_20201013004301先週のお稽古日は台風影響の雨でした。

お稽古には着物で!と自分で拘っているのですが、気力(?)がなく洋服... あらどうしたの?と言われたのが嬉しい(^-^;

雨コートのままのHさんは「一度着なくなると次も着なくなっちゃいそうだから」と 根性です↓

Img_3407

 


きっとあと10年も着ることはない(5年かな?)だろうからせっせと着なければ!といつも言っているN女史も億劫になってきたそうで、こりゃナントカせんといかんです。少なくとも毎月着物で会っていたランチを復活せねば... コロナの収束を祈る!

Img_3409_20201013004301

この日は台風影響の雨でした。風が無いから海は静かです。 海を眺めていると.... 行きたいよー 潜りたいよー 自由に心配せずに行ける日が早く来てください。

.

お稽古仲間の我等子年生まれの年女「ちゅうちゅう会」は 春に皆で祝い合う(?)茶会を開くことになっていたのですが、コロナ騒動でそれどころではなくなり半年が経ちそろそろ開催しようかと会場探しをしたら... どこの茶室も貸し出しストップとなっており会場が見つからない!お金出せば以前に利用した高級旅館の茶室も借りられるが、我等は年金生活者...無理です。開催日はもう決めた・ドレスコードは裏方も訪問着と決めた・仕出しの料理屋は大丈夫・あと茶室だけ... 無い知恵絞って考えています。

  ・

Img_3283
お稽古Cの恒例12月のイベントをどうするかも悩まされています。これまでの恒例行事はことごとく中止となってしまったのでこのまま令和2年を終わらせたらあまりにも寂しい。 ということで招く客の人数制限(←いつも大して集まらないけど)をし、最悪客が誰も来なくとも仲間内の忘年会にしちゃおうと実施に向けて動き出した。

Img_3288a
もちろんホテル側は大歓迎!去年予約したのがキャンセルされるのではないかとハラハラしてたと正直に言ってました。いわゆる「宴会」は全てキャンセルされ、宴会担当者の配置換えをしなくてはならない程だとか。でも Go to のお陰で客室は満室続きなので今までの担当者は客室の方に異動。

最近 こんなマスク入れなどというものが食べ物屋に出回っているが、ポケットやバッグに入れれば済むのに... 汚いマスクをテーブルの上に置くな!ってことでしょ? いい感じはしないな。

Img_32921回目の打ち合わせはホテルの中華でございました。恒例となったので細かい打ち合わせは必要もなくなったのですが、お茶・ランチは必要です。

お稽古後のお茶 ↓

Img_3277_20201013223501こんなささやかなお茶タイムでも欠かさずにやっているとこがエライでしょ?

Img_3282

 

 

お稽古よりも真面目に取り組んでいます (^^)/

以上 お稽古Aとお稽古C のお稽古ではない課外活動報告でした。

 

| | コメント (0)

2020年10月12日 (月)

哀しい作業となりました

Img_3399ピカピカの素晴らしい栗が売っていました。

これは良い品じゃ♬ と奮発して2㎏も大量買い! これで美味しい栗の渋皮煮を作るぞーヽ(^o^)丿

鬼皮を剥く前に 湯につけて一晩放置

Img_3400

渋皮煮が大好きなので毎年傷だらけになって剥いてましたが、数年前にくりくり坊主なる鬼皮剥きの道具を購入。

それ以後鬼皮を剥く作業が格段に楽チンになりました。

ただ肝心の栗の品質がその頃より良いものが手に入らなくなり、鬼皮剥いた段階で渋皮煮をあきらめざるを得ない年が続いていました。だから今年は喜び勇んで大量買い(←我が家では)

サクサクはかどります ↓

Img_3401でもね、鬼皮剥くまでは分からない虫食いや黒く変色したのが見つかるとテンションが下がります... なんだか段々テンション下降気味

更に、何度も茹でこぼししながら渋皮の周りについている筋や木屑みたいのを一粒一粒こすり取っていくと、ツルツルのピンク色の肌(渋皮)になるはず(←良い品なら)なのに画像見ても分かるように茶色いシミや黒っぽくなっているんです...。今回の灰汁抜きは、重層を使わずに6回の茹でこぼしで頑張ったのに栗の色が悪すぎる ↓

Img_3404

柔らかくなってから砂糖を3回に分けて投入し、最後に醤油をタラ~リで一応完成。

食べてみましたら、美味しいのもあるけれど半分以上がカッチカチに固いんです((+_+)) この大量の“渋皮煮もどき”をどうしましょう。この作業に使った時間と経費をどうしてくれる...と泣いております。

この私にリベンジする力が起きるでしょうか?

Img_3410いやその前に この大量の渋皮煮もどきを何とかせねば。煮汁と栗とを分け、栗を横割りにし、水煮1時間。あら柔らか~い(^^)/ もう1時間煮て柔らかくなった栗を煮詰めた煮汁(シロップ)に投入… 一晩おいたらきっと柔らかくて美味しい「栗の甘煮」になっているる事でしょう。

それにしても朝からの作業は何だったの( ゚Д゚) 良い栗が手に入ったら考えましょう。

| | コメント (0)

2020年10月11日 (日)

南瓜始末

手に余る 手に負えない 歯が立たない問題発生!

それがこれ →Img_3388

最近のスーパーでは4分の1カットやスライスしたものがパックに入れられ売られており、丸ごと1個では売られなくなりました。 スイカと同じように、丸ごとでは重くて切るのも面倒。保存場所や調理場所にも困る...。

Img_1637
でも文句は言ってられないのです。北の大地の収穫物(アスパラガス・トウモロコシ・タマネギ・ジャガイモ等)を毎年送り届けてくれるYちゃんの厚意は無駄には出来ない!
今迄もカボチャを送ってくれたことはあったが、1個だけだったので煮物や揚げ物にケーキに何とか調理してたが、今回は売り場では見たことないようなでっかいのが3個も(@_@) さて どうしましょう?

Img_3392_20201005231201一番大きいのは、お料理上手な田・・さんにプレゼント(^-^;  残り2個をどうするか... 「カボチャスープの素」にしよう!

先ず 切る! ←これが大きくて硬くて大変! 包丁の刃も私の力も「手に負えない」

何分かチンすると切り易くなると誰かに聞いたことがあるので、3分チン 2分チン... 半分に切れた!そしたら種子をくりぬいて、皮を剥き、あとは小さくカット&スライス

Img_3393_20201005231201

←南瓜2個分が径28㎝のボールに山盛りです。 

玉葱4個も適当にみじん切りしバターで炒める。玉葱4個分のみじん切りは一番大きい28cmのフライパンから溢れそう。透き通るまで炒めたら終わり。 ↓

 Img_3390

径33㎝のお鍋に、南瓜・玉葱・コンソメ10個・水ひたひたになるまで(3.5ℓ)入れ、火にかける。

Img_3395


 

 

Img_3396

 


まるで「給食のおばさん」になった気分で大鍋をかき回し、灰汁を
取りながら1時間ほど煮る。

私の灰汁取りは、「あくとり名人」のシートを2,3回乗せるだけ(^^)/ 手間かからず綺麗に取れます。

冷めたらミキサーにかけます。

保存用「パンプキンスープの」なので、味付け等は食べる時にやれば良いので柔らかめのペースト状3ℓ 完成です。

タッパ―に入れて冷蔵保存、ジプロック袋に入れて冷凍保存 
大量に出来ました。あちこち配ります♬

次は栗ですヽ(^o^)丿

| | コメント (2)

2020年10月10日 (土)

雨です

雨の土曜日 台風は変な動きで遠ざかってくれそうでひとまず安心。

家に引きこもっています。

台風で思い出すのは去年の10月12日 羽田空港閉鎖でお天気良いのに飛行機が飛ばず、予定以上に石垣島に滞在=台風避難生活してたことを思い出します。もう一年経ったのですね... ←遠い目

あれから12月に マクタンで2019年の潜り納めをし、2020年3月潜り初めを予定してたら、武漢ウィルスによってあれよあれよという間に世界中おかしくなっちゃって2020年の潜りは0本になってしまいそう(/ω\)

潜りどころか毎日の普通の暮らしが一変!マスクしていないと街中は歩けないような状態になってしまいました。マスクするのが嫌というのではありません。どちらかというと私はマスク多用者です。呼吸器が弱いので、乾燥した飛行機の中でただ一人のマスクしている人であっても平気、ホテルでも寝る時はマスクが必需品の私ですが、武漢ウィルスにどれだけ効果があるのか分からないマスク着用を『義務づけられる』のが嫌なのです。
頼みのトランプさんがあんなことになって... でもマスク姿で退院直後マスクを外して顰蹙買ってますが、私は心の中で拍手です(^-^;

Img_3253「コロナ禍」でブーム(?)になったズームミーティング

我が潜り仲間の爺&婆達も大勢でやってますよ~(^^)/

・・・でもさ、これ楽しみ方がどうも分からない。

20人を超える人数だと「発言」出来る時間が制限され、関心のない話を聞き続けないといけない「苦行」(^-^;  いつの間にか退出している人もいるのも分かる。

4人でやっているミーティングは楽しくて あっという間に時間が経ってしまったけれど ↓

Img_1278
何ででしょうね? 少人数ならワイワイやれるけど、大人数だとワイワイできないのね。遠隔地で自宅にいながら集合し交流できる便利なツールだけど、大勢だとどうして良いのか分かりません。
議題のある会議、テーマのある話題なら良いのかな?

明日は台風による雨は心配ないようですが、ホントなら海を眺めながら露天風呂~🎵が無くなってしまったので 何をしよう?

| | コメント (0)

2020年10月 4日 (日)

侘しいランチを

良く利用しているさる施設:Iのカフェも営業再開し、久し振りにランチ♪

予約弁当だけを営業していたが、店内での営業もようやく再開した。

メンバーも久し振りに4人が揃い、ワンコイン500円のランチを注文したらランチは予約弁当だけで、予約無しで注文できるのはカレーライス450円のみ。

Img_3325
空腹の我等は「それでOK、4人分お願いね(^^)/」

テーブルに付いて待っていると、
「お待ちどうさま~」と元気よく運んで来たのは コレ→

「ここで食べるからお弁当にしなくて良いのよ」と言ったら、「今は全部パック入りなんです」と。

Img_3327aックに入っていなくとも ちょっと侘しいランチだったが、パック入りはうんと侘しいね。 
屋外ならともかく、カフェの中でこれを食べるんですもの、余計侘しい。
お水のサービスも今までなら断るほど来てくれたのに、この日は催促するまで来なかった...。

Img_3326a


あ~あ こうやって世の中変わっていくのね...

今迄当たり前にあったサービスがコロナを言い訳にどんどん省かれてます。そして過剰ではないかと思える程に「消毒」「消毒」でしょ? 経営破綻に追い込むコロナかと思えば、消毒の薬品会社や仕切りのアクリル板の会社などコロナ特需に喜んでいる所もあるのでしょうし、世の中分かりませんわ。

Img_3316
道端に満開のヒガンバナ この妖しい花 好きです。
色も赤の他に、白・黄色・オレンジ色などありますが、やっぱりこの赤がヒガンバナらしくていいな。

Img_3318

| | コメント (0)

2020年10月 3日 (土)

朋あり

朋あり 東から 西から 遠方より来たる
亦た楽しからずや... なのですが、観光に来るのでもなく、人気グルメの食事が目的でもない。
本当に久し振りに顔を合わせて色々あったお話を伺い、あれこれのお喋りを楽しみたい。

さ~て、どこでゆっくりお喋り出来るかしら?

Img_3379
新型コロナ禍のご時世では、レストランで食後のお喋りも気兼ねしいしいだし、車でドライブも良いが狭い車内で密になるのも.... と考え、良い場所を見つけた! ここ→

お天気良いし、お山のてっぺんの駐車場横の東屋なら感染リスクも無く誰にもお咎めを受けない最高の場所でしょ?
問題は昼食... お弁当を買って行けば良いし、お茶はいつもの野点お茶セットを持って行けばOK♬

Img_3373

← ということで連れてこられたお二人

着物繋がりでもあり、ワンコ繋がりでもあり、さら〇〇繋がりになろうとはお釈迦様でもご存知あるめぇ~ という因縁の三人です。

Img_3369

 


10年? 15年? 以上の「知り合い」だが、PCが無ければ知り合う切っ掛けも無く、ありがたい時代でございます。

顔は合わせずともお互いの動向は目にしているので「お久し振り~」「ご無沙汰~」と言っても毎日顔を合わせているようなものですから不思議です。

今回は、西から平泉中尊寺参拝途中に寄り道のSさんをメインに、東からN女史も駆けつけ顔を合わせるなりお喋り開始です。

Img_3384今回は特命を帯びたお伴を渡します。

その特命とは
皆の健康を祈ること
転〇や再〇や新たな発〇の無いことを願い
わずらいを払い幸いを願うこと
Img_3372

 

 

 

それぞれ特命を受けて東に西に旅立つ前に 記念写真を撮られるやすらぎさん達(やすらぎさんと命名)

ほぼ3時間 良く喋りました♬ きっとレストランなどでは居場所が無かったと思いますので良い場所でした(^^)/

Img_3378でも一つ誤算が... 本当は、海を眺めながらお弁当食べたりお喋り出来るはず... と思ってたのに樹木が成長し過ぎて東屋からは海が見えなくなってた。   前(何年前?)来た時は見えてたのに くっそー!

Img_3377a

ここに来たら ここで記念写真を撮るのが決まり(^-^;  カメラを椅子の背とバッグを台にして画角を決めたりセルフで四苦八苦してたら優しいオネエサンがシャッター押して下さった。ありがとうございまーすヽ(^o^)丿
親切なオネエサンに感謝しながら「このカメラもお願い」 さらに「スミマセンね これも」と親切なオネエサンを使う図々しいオバチャン達でした (^-^;

幸いを願う我等 不平不足を言わず 今在ることを感謝し 小さな幸せを見つけ大切にし 幸せの種を蒔いて生きましょう♬

| | コメント (2)

2020年10月 1日 (木)

初体験

Img_3332齢70を超えても知らない事ばかりでございます (*_*;

私 落花生が好きです。
特に殻ごと塩茹でにしたのが好きです。

ところで、落花生がどのように実をつけるか知っていますか?

字のごとく「土の中に実をつけるのよ」とは聞いていたが、実は... 見たことが無い。

I女史に話すと「あら オトーサンが畑で作っているわよ」と。

「お分けしましょうか?」と言われたが、実が欲しいのではなく実がなっている様子を目で見たいのだ。

「今生の思い出に是非見てみたい」と頼んだら「収穫できるからおいで~」と連絡があり、いそいそと出掛けました。

汚れても良い服装・軍手・袋・ハサミ持参でと言われたが、私は「収穫」が目的ではなく「見学・観察」なのだ。

Img_3343_20201001131901 お茶の仕度して出掛けました (^^)/

先日の「えんそく」でもお馴染みのお茶道具→

Img_3347

← これが落花生の花

Img_3339葉をめくってみると沢山の子房柄が土に刺さっています。土の中のその先端を探るとコロコロ沢山の実を感じます。

株を抜いたら落花生がついてます♪

採ったぞー ↓

Img_1641a

実がどのようになるかをこの目で確認しました。これで思い残すことはございません...あ、まだ知らない事いっぱいあるので まだ思い残しますので まだね。

Img_3355

 

 

収穫が目的ではないのですが、分けていただきました🎶

早速 塩茹でにします。

.

I女史の旦那様の趣味の畑を画像に撮ってお見せしたいのですが...  住宅街の真ん中(@_@) 住宅の建っていない1区画(広いのよ100坪ほど) 周囲は住宅に囲まれ、こんな場所に畑が!!という所で定年後友人(農家)に指導されながら農作業をしています。この土地が売却されるまでの間 期間限定で、売却が決まったら収穫前でも農作物撤収とのこと。
ここは、あくまでも旦那様の趣味なので、奥様は除草も収穫も一切お手伝いしないところが愉快です。
すみません 私も一切お手伝いしないのに収穫物のお裾分け(救援物資)いただいてます。

| | コメント (2)

«今日がその「当日」